• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Intelがタブレット端末向けチップ「Oak Trail」を正式発表、搭載機は5月

鈴木 英子=ニューズフロント 2011/04/12 ITpro
「Atom Z670」プロセッサと「SM35 Express」チップセット
「Atom Z670」プロセッサと「SM35 Express」チップセット
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intelは米国時間2011年4月11日、省電力プロセッサ「Atom」ベースのタブレット端末向けプラットフォーム「Oak Trail」(開発コード名)を正式発表した。5月に最初の搭載端末が登場する見通しで、年内にオーストラリアEvolve III、富士通、中国Lenovo Group(聯想集団)、米Motion Computing、米Razer、韓国Vilivなどが35機種以上のタブレット端末などの製品を投入する予定という。

 Oak Trailは、米Googleの「Android」、モバイル向けLinux「MeeGo」、米Microsoftの「Windows」など複数のOSで動作する。45ナノメートル(nm)製造技術を用いた「Atom Z670」プロセッサと「SM35 Express」チップセットを組み合わせ、HDMI出力と1080p HDビデオ再生をサポートするほか、米Adobe SystemsのFlashに対応する。

 グラフィックスとメモリーコントローラーをプロセッサに直接搭載することで、従来製品より60%小型化した。待機時(アイドル時)の消費電力を大幅に削減する「Enhanced Deeper Sleep」機能や、動作電圧と周波数を制御する「SpeedStep」機能も備える。

 また同社は、中国の北京で4月12日より開催する開発者向けフォーラム「Intel Developer Forum」で次世代Atomプラットフォーム「Cedar Trail」(開発コード名)を披露する。Cedar Trailは32nm製造技術を採用し、Blu-ray 2.0、1080p HD、HDMI、DisplayPortなどをサポートする。現在主要OEMおよびODMへのサンプル出荷を行っており、2011年後半に搭載端末がリリースされる予定。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る