• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Microsoft、Android搭載端末の特許侵害でBarnes & Nobleを提訴

鈴木 英子=ニューズフロント 2011/03/22 ITpro

 米Microsoftは米国時間2011年3月21日、米Barnes & Nobleの電子書籍閲覧用端末に特許を侵害されたとして、米国際貿易委員会(ITC)と米ワシントン州西地区連邦地方裁判所にBarnes & Nobleを含む3社を提訴したことを明らかにした。

 Microsoftが問題としているのは、Barnes & Nobleブランドのもとで販売されている、米Googleのモバイルプラットフォーム「Android」を搭載した電子書籍リーダーおよびタブレット端末。Microsoftは、Androidが同社の多数の特許を侵害していると主張し、「Android端末を製造、出荷する企業は当社の知的財産権に配慮する必要がある」と述べている。

 今回Microsoftが訴えたのは、Barnes & Nobleと、電子機器受託製造の台湾Foxconn International Holdings(富士康國際)および台湾Inventec(英業達)。Microsoftコーポレート・バイス・プレジデント兼知的財産担当次席法務顧問のHoracio Gutierrez氏によると、Microsoftは1年以上にわたって3社とライセンス契約の締結について交渉してきたが、「拒否されたため、法的手段に出る以外に選択肢は残っていなかった」と説明している。

 Barnes & Nobleは「NOOK」ブランドで電子書籍事業を展開しており、NOOKコンテンツ閲覧用端末としては「NOOK」「NOOK Color」などがある。

 なお、MicrosoftはAndroid搭載端末を巡って、米Motorolaに対してもITCとワシントン州西地区連邦地裁に特許侵害訴訟を起こしている(関連記事:Microsoft、Android端末の特許侵害でMotorolaを提訴)。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る