セキュリティのトピックス-PR-

Twitterが常時HTTPS接続を呼びかけ、ユーザー設定で対応

2011/03/17
小久保 重信=ニューズフロント (筆者執筆記事一覧

 米Twitterは現地時間2010年3月15日、「Twitter.com」へのアクセスに常時HTTPS接続できる機能を追加した。これまでも「https://twitter.com」にアクセスすれば利用できたが、HTTPS接続を標準的な利用形態として推進していく狙いがある。

 設定は、画面右上 の「Settings(設定)」を選び、「Account(ユーザー情報)」の一番下にある「HTTPS Only(HTTPSのみ)」の「Always use HTTPS(常にHTTPSのみを利用)」を有効にすればよい。

 公衆無線LANなどを使っている際、アカウントのセキュリティが向上し、ユーザー情報が保護されるとしている。また将来的にはHTTPSをデフォルト設定にしたいと同社のCarolyn Penner氏は述べている。

 なお、Twitterの各種機能やクライアントアプリケーションではユーザー設定にかかわらずHTTPSで接続している。例えばログイン時にはパスワードは自動的に保護されている。また米Appleの「iPhone」「iPad」用クライアントでは常にHTTPSが有効になっている。

 モバイルブラウザー場合は現時点で「https://mobile.twitter.com」にアクセスする必要があるが、今後これを見直してユーザーがどの機器を使っていても意識することなくHTTPSになるようにしたいとPenner氏は述べている。また同氏はサードパティーのクライアントを使っている人にHTTPSをサポートしているかを確認するよう呼びかけている。

[Twitter公式ブログへの投稿記事]

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro Special

>>もっと見る

▲ ページトップ

これからのIT投資術-PR-

ピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

最新号

注目のセミナー

申込受付中!

インサイドセールス実践テクニック講座【6/10開催】

IT&エレクトロニクス商材の法人市場を攻略!電話とメールで顧客をつかむテクニックを伝授