• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Twitterが常時HTTPS接続を呼びかけ、ユーザー設定で対応

小久保 重信=ニューズフロント 2011/03/17 ITpro

 米Twitterは現地時間2010年3月15日、「Twitter.com」へのアクセスに常時HTTPS接続できる機能を追加した。これまでも「https://twitter.com」にアクセスすれば利用できたが、HTTPS接続を標準的な利用形態として推進していく狙いがある。

 設定は、画面右上 の「Settings(設定)」を選び、「Account(ユーザー情報)」の一番下にある「HTTPS Only(HTTPSのみ)」の「Always use HTTPS(常にHTTPSのみを利用)」を有効にすればよい。

 公衆無線LANなどを使っている際、アカウントのセキュリティが向上し、ユーザー情報が保護されるとしている。また将来的にはHTTPSをデフォルト設定にしたいと同社のCarolyn Penner氏は述べている。

 なお、Twitterの各種機能やクライアントアプリケーションではユーザー設定にかかわらずHTTPSで接続している。例えばログイン時にはパスワードは自動的に保護されている。また米Appleの「iPhone」「iPad」用クライアントでは常にHTTPSが有効になっている。

 モバイルブラウザー場合は現時点で「https://mobile.twitter.com」にアクセスする必要があるが、今後これを見直してユーザーがどの機器を使っていても意識することなくHTTPSになるようにしたいとPenner氏は述べている。また同氏はサードパティーのクライアントを使っている人にHTTPSをサポートしているかを確認するよう呼びかけている。

[Twitter公式ブログへの投稿記事]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【編集長の眼】

    クラウドに移行してもコストは減らない

     「パブリッククラウドサービスに既存システムをそのまま移行してコストが大きく下がるのは、オンプレミス(自社所有)環境のインフラに無駄があるケース。コスト削減に努めてきたなら、クラウド移行の目的には含めないほうがいい」。AWSやAzureなどのクラウドの導入支援を行うコンサルタントから聞いた言葉だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る