• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Twitterの広告収入、2011年は3倍超の1億5000万ドルに、eMarketerが予測

小久保 重信=ニューズフロント 2011/01/25 ITpro

 米国の調査会社eMarketerは米国時間2011年1月24日、ミニブログサービスの米Twitterの広告収入が今後急速に伸びていくとする分析結果を発表した。

 2010年はTwitterが広告販売を開始した年で、その年間収入は4500万ドルだった。これが2011年は1億5000万ドルとなり、2012年は2億5000万ドルにまで拡大すると予測している。

 Twitterのユーザー数は約1億7500万人だが、今後さらにユーザー数を拡大し、米Facebookに次ぐ主要なソーシャルメディアという認識が高まれば、広告収入を伸ばすことができる。ただし、そのためには早期の広告主に対し、Twitterの広告が効果的であることを具体的に示す必要があるとeMarketerの主席アナリストDebra Aho Williamson氏は指摘している(関連記事:米国Twitter普及率、成人ネットユーザーのわずか8%)。

 Twitterは2010年4月に検索結果ページに企業の広告ツイートを表示する「Promoted Tweets」を開始し、その後「Promoted Trends」「Promoted Accounts」といった広告も展開している(関連記事:Twitterがビジネス活用支援サイトを公開、広告サービスなどを説明)。同社は今後Facebookにあるようなセルフサービス形式のターゲット広告システムを始める予定で、2011年は収益化への取り組みを本格化するとWilliamson氏は述べている。

 Twitterの2010年の広告収入はFacebookの18億6000万ドルに比べると規模は小さいが、2012年には米Myspaceの1億5600万ドルを上回るとeMarketerは見ている。ユーザーの減少に伴って広告収入も減少傾向にあるMyspaceとは対照的である。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    IT業界でいまだにあるある?プロジェクト迷走記

     中堅F:この春にうちの部署に配属になってもう3カ月たったけど、仕事は順調かい? 新人O:はい、何とかやっています。でももうすぐ夏期休暇でホッとしています。でも先輩は元気がないですね。 中堅F:取引先といろいろあってね。「なんでこんなに理不尽な目に遭うんだ!」って思うことがときどきあるんだ。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る