• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

人気読書アプリ「i文庫」のAndroid版が登場、約1万冊の青空文庫作品を閲覧可能

斉藤 栄太郎=ITpro 2011/01/18 ITpro
写真1●ACCESSの青空文庫対応読書アプリ「i文庫 for Android」
写真1●ACCESSの青空文庫対応読書アプリ「i文庫 for Android」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●i文庫 for Androidの本棚管理機能
写真2●i文庫 for Androidの本棚管理機能
[画像のクリックで拡大表示]

 モバイル端末向けのソフトウエア開発を手がけるACCESSは2011年1月18日、渚技研がiPhone/iPad向けに販売している人気読書アプリ「i文庫」のAndroid版「i文庫 for Android」(写真1)を開発、同日付でAndroidマーケットを通じて販売開始したことを発表した。価格は5.99ドル(2011年2月28日までのキャンペーン価格。通常価格は7.99ドル)。

 i文庫は、著作権の消滅した文学作品を無償で公開している電子図書館サービス「青空文庫」などの電子書籍コンテンツを閲覧するための読書アプリ。iPhone/iPad向けの有料アプリとしてApp Storeで常に高い人気を誇っている。渚技研と協業関係にあるACCESSが今回Android向けに移植した。

 青空文庫形式(縦書き、ルビなどに対応)/PDF形式/JPEG形式のデジタルデータを閲覧する機能を備える。青空文庫からの書籍ダウンロード機能を搭載しており、ダウンロードした書籍は表紙の一覧表示や検索などが可能な本棚形式で管理できる(写真2)。

 対応するAndroid端末は、OSがAndroid 2.1 update 1以上、画面解像度がWVGA800(480×800ドット)以上となっている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る