【ニュース】

「車車間通信で二酸化炭素削減を」、700MHz帯センターレスプローブ実験試験局に免許

田中 正晴=日経ニューメディア 2010/12/01

実証実験のイメージ
実証実験のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 総務省北海道総合通信局は、2010年12月1日、アイシン精機や学校法人の慶応義塾から申請のあったセンターレスプローブの実験試験局に対して、同日に免許を付与したと発表した。情報センターを経由するのではなく車車間通信によって(つまりセンターレスで)、交通情報や低燃費走行可能経路情報などをドライバーに提供することで二酸化炭素削減の実現を図るというセンターレス型アプリケーション・システム開発を目的とする。

この実験は、同日から2010年度末までの予定で、北海道豊頃町および茨城県において実施される。安全運転支援の通信とIP通信の共用の可能性を研究するため、見通し内外における車両すれ違いや車両が密集している場合のデータ授受・検証を行う。

 なお、今回の実験は、平成21年度第2次補正予算「ネットワーク統合制御システム標準化等推進事業」の委託先として選定されたものの一つである(関連発表資料へ)。免許の周波数は720MHz帯及び765MHz帯で、空中線電力は0.1Wである。

[発表資料へ]




あなたにお薦め

  • 

連載新着

連載目次を見る

  • 
    

現在のアクセスランキング

ランキング一覧を見る