• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Microsoft、組織向けクラウドサービス「Office 365」を発表

鈴木 英子=ニューズフロント 2010/10/20 ITpro

 米Microsoftは現地時間2010年10月19日、組織向けWebアプリケーションサービス「Microsoft Office 365」を発表した。オンライン版オフィスアプリケーションなどのホスト型サービスを組み合わせ、クラウドベースで提供する。同日から13の国・地域で限定ベータの提供を開始し、2011年に40の国・地域で正式にリリースする。

 Office 365は、従来の企業向けWebアプリケーションサービス「Business Productivity Online Suite」や、小規模企業向けオンラインサービス「Office Live Small Business」、教育機関向けオンラインサービス「Live@edu」を置き換えるサービス。ほとんどの主要なブラウザー、スマートフォン、デスクトップアプリケーションに対応する。

 従業員25人未満の会社や部門に向けては、1ユーザー当たり6ドル(5.25ユーロ)の月額利用料で、「Office Web Apps」「Exchange Online」「SharePoint Online」「Lync Online」へのアクセスを提供する。

 大企業向けには複数のプランを用意する。標準的な電子メール利用は1ユーザー当たり2ドル(1.75ユーロ)で、オフィススイート「Microsoft Office Professional Plus」を従量課金制で利用することができる。

 1ユーザー当たり24ドル(22.75ユーロ)のプランでは、Office Professional Plusと電子メール、ボイスメール、企業内ソーシャルネットワーキング、インスタントメッセージング、Webポータル、エクストラネット、電話会議、ビデオ会議などが利用できる。24時間の電話サポートなどが付く。

 2011年後半には、オンラインCRMサービス「Microsoft Dynamics CRM Online」を追加する予定。教育機関向けのリリースも2011年後半を見込んでいる。

 Office 365のベータ提供は、カナダ、フランス、ドイツ、香港、アイルランド、イタリア、日本、メキシコ、プエルトリコ、シンガポール、スペイン、英国、米国で実施し、7カ国語をサポートする。ベータプログラムの登録は専用サイトで受け付けている。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る