• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Microsoft、Android端末の特許侵害でMotorolaを提訴

小久保 重信=ニューズフロント 2010/10/04 ITpro

 米Microsoftは現地時間2010年10月1日、米Googleが開発を主導する「Android OS」搭載の米Motorola製スマートフォンにMicrosoftの特許が侵害されたとして、Motorolaを米国際貿易委員会(ITC)と米ワシントン州西地区連邦地裁に提訴したと発表した。

 Microsoftが問題としているのは、電子メール、スケジュール、住所録情報の同期や、会議スケジュール調整、信号の強度やバッテリー残量を知らせるアプリケーションといった技術。これらスマートフォンのユーザーエクスペリエンスに不可欠な機能にMicrosoftの9件の特許が使用されていると主張している。

 MicrosoftのHoracio Gutierrez知的財産担当次席法務顧問は発表資料の中で「当社はソフトウエア資産やサービスに毎年数十億ドルを投資している。我々には顧客やパートナー企業、株主に対し、これらを守っていく責任がある」とし、Motorolaが特許侵害をやめるように求めた。

 Motorolaは発表文を出していないが、米Wall Street Journal)などのメディアによると、「訴状を受けとっていないため、現時点で詳細についてコメントしない」としている。ただ同社は「本件については断固として自社を擁護していく」と話したと同紙は伝えている。

 またGoogleも発表文を出していないが、同社の広報担当者は「Microsoftがこうした古い特許で争うことを選んだことを残念に思う。当社はこの訴訟に加わっていないが、Androidとその開発を支えているパートナーを支援していく」と述べたと同紙は伝えている。

 なおAndroid端末をめぐっては、米Appleと台湾HTCが自社の特許を侵害されたとして互いにそれぞれを提訴している(関連記事:米国際貿易委、HTCの要請に応じてAppleのiPhoneなどを調査へ)。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る