• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ニュース

Microsoft、Android端末の特許侵害でMotorolaを提訴

小久保 重信=ニューズフロント 2010/10/04 ITpro

 米Microsoftは現地時間2010年10月1日、米Googleが開発を主導する「Android OS」搭載の米Motorola製スマートフォンにMicrosoftの特許が侵害されたとして、Motorolaを米国際貿易委員会(ITC)と米ワシントン州西地区連邦地裁に提訴したと発表した。

 Microsoftが問題としているのは、電子メール、スケジュール、住所録情報の同期や、会議スケジュール調整、信号の強度やバッテリー残量を知らせるアプリケーションといった技術。これらスマートフォンのユーザーエクスペリエンスに不可欠な機能にMicrosoftの9件の特許が使用されていると主張している。

 MicrosoftのHoracio Gutierrez知的財産担当次席法務顧問は発表資料の中で「当社はソフトウエア資産やサービスに毎年数十億ドルを投資している。我々には顧客やパートナー企業、株主に対し、これらを守っていく責任がある」とし、Motorolaが特許侵害をやめるように求めた。

 Motorolaは発表文を出していないが、米Wall Street Journal)などのメディアによると、「訴状を受けとっていないため、現時点で詳細についてコメントしない」としている。ただ同社は「本件については断固として自社を擁護していく」と話したと同紙は伝えている。

 またGoogleも発表文を出していないが、同社の広報担当者は「Microsoftがこうした古い特許で争うことを選んだことを残念に思う。当社はこの訴訟に加わっていないが、Androidとその開発を支えているパートナーを支援していく」と述べたと同紙は伝えている。

 なおAndroid端末をめぐっては、米Appleと台湾HTCが自社の特許を侵害されたとして互いにそれぞれを提訴している(関連記事:米国際貿易委、HTCの要請に応じてAppleのiPhoneなどを調査へ)。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    提唱者が解説、なぜ「情報銀行」を設立するか

     GPS(全地球測位システム)データや鉄道の乗降データなど「人の動き」に関するビッグデータを解析し、防災や医療に役立つように可視化する。この一連の研究に取り組むのが柴崎亮介氏だ。個人のデータの蓄積が進めば社会はより良くなるとの考えの下、技術の研究に留まらず「情報銀行」の設立を推進する。

  • 【ニュース解説】

    三菱UFJ、勘定系システムのAWS移行も

     「Amazon Web Services(AWS)に移行するシステムに“聖域”はない。現時点では計画していないものの、勘定系システムをクラウド化する可能性は十分にある」。三菱東京UFJ銀行の執行役員である亀田浩樹システム本部長兼システム企画部長は日経BP社の取材に対してこう話した。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る