• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

RambusとNVIDIA、メモリーコントローラーに関してライセンス契約を締結

ITpro 2010/08/16 ITpro

 米Rambusと米NVIDIAは米国時間2010年8月13日、メモリーコントローラーに関する特許ライセンス契約を結んだと発表した。NVIDIAは、Rambusから一部メモリーコントローラーのライセンス供与を受け、SDRメモリーコントローラーについては1%のロイヤルティを、DDR/DDR2/DDR3/LPDDR/LPDDR2/GDDR2/GDDR3/GDDR4/GDDR5などのメモリーコントローラーについては2%のロイヤルティを支払う。

 今回のライセンス契約は、欧州連合(EU)の欧州委員会(EC)との協約に則って締結したもの。米メディアの報道(Businessweek)によると、Rambusはメモリーコントローラー1個当たりのロイヤルティを40セント以下とすることでECと合意した。

 RambusとNVIDIAは半導体関連の特許侵害問題で複数の訴訟を繰り広げているが(関連記事:ITC、NVIDIAによるRambus特許侵害を一部認定)、今回のライセンス契約によっていずれの訴訟も取り下げることはないとしている。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【FPGAって何?】

    FPGAはどうやって機能を組み替えるのか

     FPGAは、端的に言えばSRAMと配線の塊と言っても間違いではない。SRAMとはランダムアクセス可能なメモリーの一種で、記憶保持のための動作を必要としない点が特徴だ。なぜ、SRAMを使って回路が作れるのか、といったFPGAの本質的な話を今回は解説する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る