• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

[仮想化フォーラム]クラウド構築には二つのアプローチがある、デルの桂島氏

森重 和春=日経SYSTEMS 2010/08/03 日経SYSTEMS
デル グローバルSMB本部 エンタープライズテクノロジストの桂島 航氏
デル グローバルSMB本部 エンタープライズテクノロジストの桂島 航氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「クラウドには、拡張的アプローチと革新的アプローチの二つのアプローチがある。それぞれのアプローチに合ったソリューションが求められる」。デルの桂島 航氏(グローバルSMB本部 エンタープライズテクノロジスト)は8月3日、東京都内で開催された「仮想化フォーラム2010 Summer」で講演し、こう強調した。

 桂島氏は講演の冒頭で、クラウドコンピューティングを実現する2種類のアプローチについて説明。一つは、既に企業情報システムに普及している仮想化技術をさらに高機能化していく「拡張的」なアプローチである。ITリソースの仮想化に加え、ワークロードの管理や従量課金、セルフサービスポータル、動的リソースプールといった機能を付加することで、クラウドを構築する。

 もう一つは「革新的」なアプローチで、「米Googleや米Amazon.com、米Microsoftなどが提供するパブリックサービスのような“ハイパースケール”なクラウドを実現する。仮想化の延長ではない」(桂島氏)という。

 その上で桂島氏は、クラウドの実現には、ユーザーの選択肢として2種類のソリューションがあるとした。一つは、ベンダー1社がサーバーやストレージ、ネットワークなどを垂直統合型で提供するソリューションだ。「顧客にとって、短期的には使いやすい。だが、中長期的に見るとベンダーの囲い込みにつながり、コストも割高になる」(桂島氏)という。

 もう一つのソリューションは、オープンな業界標準の技術を使った水平統合型のソリューションである。桂島氏は、「顧客は豊富な選択肢を持ち、常に新しい技術を利用できる。中長期的に見た投資効果は高い」とし、デルは後者のオープンなソリューションを提供していくと宣言した。

単一用途、大規模向けのサーバーを提供

 革新的アプローチのためのソリューションとして桂島氏は、デルが提供するIAサーバー「PowerEdge Cシリーズ」を紹介。この製品は、デルが米国でデータセンター向けに提供しているフルカスタマイズ生産サービス「DCS(データセンターソリューション)」で蓄積したノウハウを基に製品化したもの。「サーチエンジンやメールシステムといった単一用途で、かつ超大規模な環境向けにデザインされた製品。超大規模な環境向けに、必要な要件だけに絞り込んで“引き算”で最適化している」(桂島氏)という。

 PowerEdge Cシリーズは、大容量のメモリーを搭載可能な1UサーバーのPowerEdge C1100、大容量のハードディスクを搭載可能な2UサーバーPowerEdge C2100、2Uのスペースに4台のサーバーを搭載できる高密度型のPowerEdge C6100の3機種をラインアップする。

 ハードウエアの提供に加え、クラウドを推進するためのパートナーシップも強化している。桂島氏は、クラウド管理ソフトのEucalyptus関連のサービスを提供する英Canonicalや、大規模分散処理型のデータ析システムを提供するAster Data Systemsなどとの協業を例に、「これまでなかった新しい協業を推進し、研究開発にも大きな投資をしている」と説明した。

6500台運用のノウハウをコンサルティング

 拡張的なアプローチ向けには、仮想化技術導入のためのコンサルティングサービスとストレージ仮想化の二つのソリューションを解説。コンサルティングサービスでは、これから仮想化技術を導入したいユーザー向けの「仮想化アセスメントサービス」、既に仮想化技術を導入済みのユーザー向けの「仮想化ヘルスチェックサービス」、仮想化環境の運用に関するアセスメントなどを提供する「仮想化運用アセスメントサービス」について説明した。桂島氏は「クラウドの構築では、技術だけではなく運用のための社内プロセスが非常に重要になる。社内で6500台のサーバーを仮想化して運用している実績を基に、そのノウハウをサービスとして提供できる」と優位性を強調した。

 ストレージの仮想化では、同社が提供するストレージ製品「Equallogic PSシリーズ」が持ついくつかの機能を紹介し、クラウド環境での拡張性や可用性の高さを強調した。米VMwareが提供するストレージ関連の最新機能にもいち早く対応しているという。例えば、仮想化サーバーに負荷をかけることなくストレージ間でデータを複製・移行可能な「vStorage API for Array Integration」やディザスターリカバリーの運用負荷を軽減する「VMware SRM with Replication」といった機能に対応している。

 最後に桂島氏は、「クラウドサービスプロバイダーは、革新的なアプローチでクラウドに取り組む。一般的な企業システムでは、拡張的アプローチを採るケースが多いだろう。デルはその両方に実績があり、目的地に到達するためのソリューションを提供する」と話し、講演を締めくくった。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る