• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「システム入札情報入手に賄賂」、特許庁審判官とNTTデータ社員を逮捕

吉田 洋平=日経コンピュータ 2010/06/22 日経コンピュータ

 警視庁は2010年6月22日、特許庁の基幹システム再構築プロジェクトの入札関連情報を提供する見返りに、NTTデータ社員から数百万円分のタクシーチケットを受け取ったとして、同庁先任審判官の志摩兆一郎容疑者を収賄容疑で逮捕した。タクシーチケットを渡した、NTTデータ社員で特許庁の営業担当部長である沖良太郎容疑者も贈賄容疑で逮捕した。

 特許庁が2006年に実施した、基幹システム再構築プロジェクトのシステム設計工程の入札において、NTTデータは受注を逃した。それ以前は、1990年からシステム全体の開発・運用を委託する「データ通信サービス契約」を交わしていた。報道によれば「警視庁は、NTTデータの社員が、その後の入札を有利に進めるために賄賂を渡したのではないかと見て関係を調べている」という。

 特許庁の基幹システムは、特許、実用新案、意匠、商標の知財四権について、出願の受付、審査、登録といった基本業務を支える。特許庁はシステム開発・運用コストの削減を狙い、分割発注方式への方針展開を決定、2006年にシステム設計工程の入札を実施した。NTTデータ、日立製作所、東芝ソリューションの3社が応札し、東芝ソリューションが94億5000万円で落札していた。NTTデータは、今後入札が始まる予定の業務アプリケーション開発工程の受注を狙っているとみられる。

 NTTデータは同日プレスリリースを出し、「弊社の社員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、今後、警察当局の捜査に全面的に協力してまいります」とのコメントを発表した。

■変更履歴
記事公開当初、最後の段落で「警察当局の操作」としていましたが,正しくは「警察当局の捜査」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2010/06/29 12:30]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る