• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ポリコムがHDテレビ会議製品を刷新、回線負荷を最大50%減

高橋 秀和=ITpro 2010/04/21 ITpro
写真1●H.264 High Profile使用時はネットワーク負荷が半減
写真1●H.264 High Profile使用時はネットワーク負荷が半減
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●MCUを制御するPolycom DMA 2.0がSIPに対応
写真2●MCUを制御するPolycom DMA 2.0がSIPに対応
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●タッチ操作が可能なコントローラ「Polycom Touch Control」を2010年第4四半期に投入予定
写真3●タッチ操作が可能なコントローラ「Polycom Touch Control」を2010年第4四半期に投入予定
[画像のクリックで拡大表示]

 ポリコムジャパンは2010年4月21日、同社のHDテレビ会議製品「Polycom HDX」シリーズの新OS「HDX 2.6」を発表した。フルHD(1080p)およびH.264 High Profile(HP)に対応。H.264 HP使用時は「画質を保ったまま最大で約50%ネットワーク帯域を削減できる」(米Polycom APAC Solution Product MarketingのJune Shao氏、写真1)とする。

 HDXシリーズは、4000/6000/7000/8000/9000の大きく5モデルある。このうち個人向けのHDX 4000を除く全製品で、1080pおよびH.264 HPに対応する。「帯域の問題でHDテレビ会議の導入をためらうユーザーが多いが、1Mビット/秒時の画質を512Kビット/秒で実現できる」(June Shao氏)。

 同日にHDX 2.6搭載機の販売を開始。既存のHDXユーザーへのアップグレードは、同年4月末に提供する予定だ。ただしHDX 7000は2010年2月以降出荷分、同8000は2009年1月以降出荷分、同9000は2010年4月以降出荷分のみ1080pおよびH.264 HP対応が可能という。

 HDXシリーズの刷新に合わせて、管理ソフトなども強化した。多地点接続装置(MCU)の「Polycom RMX」シリーズを管理する「Polycom Distributed Media Application 2.0」では、複数のRMXへの負荷分散機能やSIP(Session Initiation Protocol)対応を追加(写真2)。また、これまでWindows用のみ提供していたデスクトップ向けテレビ会議製品の「Polycom Converged Application Desktop」の対応OSに、Mac OS Xを加えた。

 今後は操作性を改善するオプションとして、タッチパネル搭載のコントローラ「Polycom Touch Control」を2010年第4四半期に投入する(写真3)。機能の詳細は未定だが、マルチタッチ操作によるズームイン/ズームアウトなど、タッチパネル搭載端末で一般的なユーザー・インタフェースなどを採用して使い勝手の改善につなげる。さらに「iPhoneやBlackBerryといったスマートフォン向けのコントローラ・アプリケーションの開発を進めている」(June Shao氏)という。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る