• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ソフトバンク、Android搭載機「HTC Desire」を4月27日に発売

高橋 信頼=ITpro 2010/04/21 ITpro
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクモバイルは2010年4月21日、同社初となるAndroid搭載スマートフォン「HTC Desire」を4月27日に発売すると発表した。ソフトバンクモバイルは3月28日にHTC Desireを発表したが、発売時期は「4月下旬以降」としていた(関連記事)。

 HTC Desireは台湾HTC製で、同じくHTC製のGoogleブランドスマートフォン「Nexus One」とほぼ同じ仕様で兄弟機と呼ばれる機種。ディスプレイは3.7型有機EL、CPUは動作周波数1GHzのSnapdragonを搭載。本体の大きさは60×119×11.9mm、重さは約135gで厚さは11.9mm。Android OSのバージョンは2.1で,Flash Lite 4.0によるFlashコンテンツの表示、動く壁紙「ライブ壁紙」などの新機能が利用できる。マルチタッチ(指2本による拡大や縮小)も可能。

 画面下部には光学式のポインティング・デバイス「光学ジョイスティック」がある。Nexus Oneでは光学ジョイスティックではなくトラックボールが装備されている。

 オープン価格だが、「『パケットし放題フラット』に加入し、2年間契約でバリュープログラムを適用した場合、実質負担額は380円×24カ月で9120円となる」(ソフトバンク広報室)という。料金プランは同社のiPhone以外のスマートフォン(Xシリーズ)と同じとなる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る