• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

UNIXを巡る差し戻し裁判、地裁がNovellの著作権保有を認める判決

ITpro 2010/04/01 ITpro

 米Novellは現地時間2010年3月30日、UNIX著作権を巡る差し戻し裁判で、ユタ州の連邦地方裁判所が米SCO Groupの主張を退ける判決を下したと発表した。同地裁は、NovellがUNIXの著作権を保有していると判断した。

 両社の係争は、2004年1月にSCOがNovellを提訴したことに始まった。SCOは「NovellがUNIXおよびUnixWareの著作権を保有しているとの主張は誤りであり、これにより損害を被っている」と訴えた。だが、同地裁は2007年8月10日にNovellのUNIX著作権保有を認める判決を下した(関連記事:米SCOが敗訴,「UNIXの著作権は米Novellが保有」)。

SCOはこの判決を不服として、2008年11月25日、第10巡回区控訴裁判所に上訴通知書を提出。控訴裁は2009年8月24日に、地裁の判断を破棄し、裁判を差し戻していた。

 SCOは2007年9月14日に連邦破産法11条の適用を申請(関連記事:米SCO Groupが会社更生手続き,連邦破産法11条の適用を申請)。その後、米投資会社や中東企業などからの資金調達に成功し、破産保護からの脱却を目指した更生計画を進めている(関連記事:破産法保護下のSCO,最大1億ドルの資金調達と更生計画を発表/SCOの更生計画,OpenServerシリーズとモバイル事業の競売など)。

 Novellの社長兼CEOであるRon Hovsepian氏は、「今回の裁決は、当社と、Linux、そしてオープンソース・コミュニティにとって良いニュースだ。当社は長きにわたり、Linuxを巡るこの争いは根拠がないと言い続けてきた。陪審の賛同を得られて満足している」と述べた。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る