• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

日立システムがアマゾンのソリューションプロバイダーに、日本ベンダーでは初

中田 敦=日経コンピュータ 2010/02/18 日経コンピュータ

 日立システムアンドサービスは2010年2月18日、米アマゾン・ウェブ・サービシズ(AWS)のクラウドサービスを使ったソリューションサービスを開始した。仮想マシンサービスの「Amazon EC2」やストレージサービス「Amazon S3」などを使ったシステム構築のサービスを提供する。AWSのパートナープログラムに参加した日本のシステムインテグレーターは、同社が初めて。

 米アマゾン・ドット・コムの子会社であるAWSは2009年12月に日本法人「アマゾン・データ・サービシズ・ジャパン」を設立しており、日本での営業活動も本格化している。AWSのパートナープログラムである「AWSソリューション・プロバイダーズ・プログラム」に日立システムが参加したのも、その一つの表れだ。AWSは年内にもサービスを提供するWebサイトなどを日本語化し、円建てでの決済なども始める予定。

 日立システムでは既に、2010年1月からイッツ・コミュニケーションズと東急エージェンシーの3社と共同で始めた「渋谷駅周辺におけるエリアワンセグの実証実験」のストレージとして、AWSのストレージサービス「Amazon S3」を使用している。同実験は、渋谷駅周辺限定のワンセグ放送を行うもので、配信する映像コンテンツを格納するストレージがAmazon S3である。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    SEの仕事とは?子供にどう説明すべきか悩む

     以前聞いた話だが、30代のあるSEが4歳の娘から「パパはどんな仕事をしているの?」と尋ねられ、とても困ったそうだ。ITやエンジニアという言葉を使っても、おそらく理解してもらえないはず。自分の仕事を分かりやすくかみ砕いて説明するにはどうしたらよいか。悩んだ挙げ句、彼はこんな説明をしたそうだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る