• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米アマゾン、CDNサービスでストリーミング配信が可能に

中田 敦=日経コンピュータ 2009/12/16 日経コンピュータ

 米アマゾン・ドット・コムの子会社でクラウドサービスを手がける米アマゾン・ウェブ・サービシズは2009年12月15日(米国時間)、CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)サービスの「Amazon CloudFront」がストリーミングコンテンツの配信に対応したと発表した。米アドビシステムズの「Adobe Flash Media Server」を使用する。

 Amazon CloudFrontは、ストレージサービス「Amazon S3」のコンテンツを配信するCDNで、日本にもデータをキャッシュする施設がある。Amazon S3のデータセンターは現時点で、米国と欧州でのみ運用されているため、それ以外の地域から利用する場合にネットワーク遅延が発生する。Amazon CloudFrontを使えば、コンテンツを各地域のキャッシュサーバーから配信できるため、遅延などを短縮できる。

 これまでAmazon CloudFrontが対応していたのは、画像ファイルなど静的なコンテンツだけだった。今回、Adobe Flash Media ServerをAmazon CloudFrontで利用可能にすることで、コンテンツを様々なビットレートでストリーミング配信できるようになった。ストリーミングを受信するクライアントソフトウエアとしては「Adobe Flash Player」などが利用できる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【NRI楠真 強いITはココが違う】

    ハイタッチからノータッチへ、変わるIT営業

     年末年始と挨拶まわりに忙しい季節です。日本の企業文化に根付いている年始の挨拶まわりは、トップ営業にとって重要なタイミングです。ところが、あるITベンダーの営業がこんなことを言っていました。「米国の本社からは、ハイタッチどころかノータッチで営業しろって言われているんですよ」

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る