• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Microsoft,無料ツール「Windows 7 USB/DVD Tool」にGPLコード混入を確認

ITpro 2009/11/16 ITpro

 米Microsoftは米国時間2009年11月13日,同社が提供している無料ツール「Windows 7 USB/DVD Tool(WUDT)」に,オープンソース・ソフトウエア・ライセンスGeneral Public License version 2(GPLv2)が適用されたソース・コードが混入していたと発表した。同社は現在同ツールの提供を停止している。2009年11月第3週から,GPLv2の条件に従って,同ツールのソース・コードとバイナリを再公開する予定だ。

 WUDTは,ISO形式のダウンロード販売(ESD)版Windows 7から,起動用のUSBドライブやバックアップDVDメディアを作るためのツール。Microsoftがアプリケーション販売/配布サイトMicrosoft Storeで無償提供していた。

 Windows関連ブログWithin WindowsなどでGPLコード使用の疑いを指摘されて調査したところ,コード混入の事実を確認したという。Microsoftは「契約に基づいて他社に開発してもらったツールだが,コード検査過程で混入を見逃した責任を感じる」としている。

 米メディア(CNET News.com)によると,WUDTにはオープンソース・プロジェクトImageMasterのコードが使われていたという。

 なお,MicrosoftはMicrosoft Storeで提供しているほかのコードも検査したが,現時点で同様の事例は見つかっていないとしている。

[Microsoft公式ブログへの投稿記事]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る