• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Microsoft,無料ツール「Windows 7 USB/DVD Tool」にGPLコード混入を確認

ITpro 2009/11/16 ITpro

 米Microsoftは米国時間2009年11月13日,同社が提供している無料ツール「Windows 7 USB/DVD Tool(WUDT)」に,オープンソース・ソフトウエア・ライセンスGeneral Public License version 2(GPLv2)が適用されたソース・コードが混入していたと発表した。同社は現在同ツールの提供を停止している。2009年11月第3週から,GPLv2の条件に従って,同ツールのソース・コードとバイナリを再公開する予定だ。

 WUDTは,ISO形式のダウンロード販売(ESD)版Windows 7から,起動用のUSBドライブやバックアップDVDメディアを作るためのツール。Microsoftがアプリケーション販売/配布サイトMicrosoft Storeで無償提供していた。

 Windows関連ブログWithin WindowsなどでGPLコード使用の疑いを指摘されて調査したところ,コード混入の事実を確認したという。Microsoftは「契約に基づいて他社に開発してもらったツールだが,コード検査過程で混入を見逃した責任を感じる」としている。

 米メディア(CNET News.com)によると,WUDTにはオープンソース・プロジェクトImageMasterのコードが使われていたという。

 なお,MicrosoftはMicrosoft Storeで提供しているほかのコードも検査したが,現時点で同様の事例は見つかっていないとしている。

[Microsoft公式ブログへの投稿記事]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る