• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ウィルコムがPHSと3.5G両対応のW-ZERO3,3.5GはSIMロックフリー

大谷 晃司=日経NETWORK 2009/11/11 日経NETWORK
写真1●PHSと3.5G両対応のスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」のテンキーを引き出したところ
[画像のクリックで拡大表示]

 ウィルコムは2009年11月11日,Windows Mobile 6.5搭載のスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」(型番:WS027H,製造はシャープ)を発表した(写真1)。発売は2010年1月を予定している。特徴はPHS端末として使えるだけでなく,3.5世代携帯電話規格のHSDPA(high-speed downlink packet access)/HSUPA(high-speed uplink packet access)方式によるパケット通信ができる点。伝送速度は下り最大7.2Mビット/秒,上り最大5.7Mビット/秒である。3.5Gの対応周波数帯は,800MHz帯および2.1GHz帯。
 
 PHS側の通信には,W-OAM typeG対応のW-SIM「RX430AL」(製造はアルテル)を使用する。伝送速度は4xパケット方式の場合で最大約400kビット/秒となる。またW-SIMスロットに2010年1月に販売される予定のGSMモジュール「CM-G100」(製造はIAC)を挿すことで,GSM対応携帯電話として使うことも可能である。

 同端末は背面にW-SIMスロットのほか,3.5G用のSIMスロットを別途搭載する。3.5G用のSIMスロットはSIMロックがかかっていない,いわゆるSIMロックフリーである。ただし同端末購入時は,ウィルコムがNTTドコモのMVNO(仮想移動体通信事業者)として提供する「WILLCOM CORE 3G」の契約を必須とする。月額料金については「PHSと3Gの合計ではなく,新たな料金体系を出す予定」(ウィルコム)という。なお現行のWILLCOM CORE 3Gの契約者が同端末を購入する際は,「契約者番号は変わるが,機種変更は可能」(同)だという。

 そのほかIEEE802.11b/g準拠の無線LANやBluetoothに対応。液晶は3.5型フルワイドVGAモバイルASV液晶を搭載,カメラ機能は有効画素数500万画素のCMOSカメラを内蔵する。外形寸法は,幅約53mm×高さ約120mm×厚さ約16.9mm(本体を閉じた状態の最薄部)。端末価格は未定で,改めて発表する。


[発表資料へ]

■訂正履歴
「PHS側の通信には,同社が同日発表したW-OAM typeG対応のW-SIM「RX430AL」」とありましたが,RX430ALは発表済みです。また伝送速度を「8xパケット方式の場合で最大512kビット/秒」としていましたが「4xパケット方式の場合で最大約400kビット/秒」です。本文は訂正済みです。 [2009/11/11 16:50]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【編集長の眼】

    クラウドに移行してもコストは減らない

     「パブリッククラウドサービスに既存システムをそのまま移行してコストが大きく下がるのは、オンプレミス(自社所有)環境のインフラに無駄があるケース。コスト削減に努めてきたなら、クラウド移行の目的には含めないほうがいい」。AWSやAzureなどのクラウドの導入支援を行うコンサルタントから聞いた言葉だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る