• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Wi-Fi Allianceが無線LANデバイス向けPAN仕様を発表,2010年に認定プログラム開始

ITpro 2009/10/15 ITpro

 無線LAN製品の業界団体Wi-Fi Allianceは米国時間2009年10月14日,複数のWi-Fiデバイスをアクセス・ポイントなしで直接接続する新たな技術仕様を発表した。現在この仕様の策定作業を行っており,間もなく完成版を公開する予定。対応機器向けの認定プログラム「Wi-Fi CERTIFIED Wi-Fi Direct」は,2010年半ばに開始する。

 この仕様に対応したWi-FIデバイスは,アクセス・ポイントを中心とする無線LANに接続することなく,ほかの対応デバイスと通信できる。対応デバイス3台以上の同時通信も可能で,無線LAN版パーソナル・エリア・ネットワーク(PAN)といった位置付けの仕様。これまで「Wi-Fi peer-to-peer」という開発コード名で検討していた。

 既存のWi-Fi仕様を踏襲しており,通信範囲や通信速度は従来の無線LAN接続環境(インフラストラクチャ接続)と同じ。WPA2方式の暗号化通信も利用できる。Wi-Fi Allianceは,携帯電話機やカメラ,プリンタ,パソコン,キーボード,ヘッドフォンなど,あらゆるWi-Fiデバイスに搭載可能な技術としている。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    無線LANの「ただ乗り」はやはり罪に問えない?有識者に聞く

     大手新聞社や通信社は2017年4月27日、無線LANの「ただ乗り」が無罪で電波法違反に当たらないとする判決が東京地裁で言い渡されたと一斉に報じた。報道によると、被告は身元を隠すため、他人の無線LANの暗号鍵を解読して利用。フィッシングの手口などでIDとパスワードを不正に入手し、金融機関サイトにアク…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る