• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「世界一を目指す」,チェンジビジョンがJUDEをastah*に改名,有償版を年額5000円からに

日川 佳三=ITpro 2009/09/15 ITpro
チェンジビジョン 代表取締役社長 平鍋健児氏
チェンジビジョン 代表取締役社長 平鍋健児氏
[画像のクリックで拡大表示]
JUDEのユーザー(国別シェア)
JUDEのユーザー(国別シェア)
[画像のクリックで拡大表示]
JUDEのユーザー数推移
JUDEのユーザー数推移
[画像のクリックで拡大表示]
Astah*のターゲットと目標
Astah*のターゲットと目標
[画像のクリックで拡大表示]
Astah*の画面
Astah*の画面
[画像のクリックで拡大表示]
Astah*の製品構成
Astah*の製品構成
[画像のクリックで拡大表示]

 「ライセンス数で世界一を目指す」(チェンジビジョン 代表取締役社長 平鍋健児氏)---チェンジビジョンは2009年9月15日,UML図やE/R図などのモデリング・ツール「astah*」(アスター)を発表した。従来製品「JUDE」(ジュード)の後継製品という位置付け。製品構成や価格体系を調整,有償版を年額5000円(税込み5250円)からとし,新興国のユーザーが購入しやすくすることで海外でのシェア拡大を狙う。

 JUDEの無償版は,すでに海外の登録ユーザー数が日本国内を上回っている。現在,無償版の国別シェアはブラジル29%,中国4%などで,日本は40%だ。伸び率も海外が高く「国内は飽和しつつある」(平鍋氏)。ただし,有償版のユーザーは日本が大半で,海外でも有償版を購入しているのは北米や欧州など先進国がほとんどだ。

 今回から新たに,機能を絞り込んでUML図とマインドマップの作成を中心に据えた下位版「astah* UML」を用意。年間50米ドルから購入できるようにすることで,ブラジルやインド,中国など拡大する新興国の開発者が有償版を利用しやすくする。

 「また,これまでの名称であるJUDEはユダヤ人を示す言葉でもあったため,おもにドイツのユーザーなどから名称について指摘が寄せられていた。新しい製品名により世界への浸透を図る」(平鍋氏)。astah*は,検索時などに何でも一致するワイルドカードから名づけた。

 シェアの拡大や価格体系の変更により,ユーザーは,よりモデリング・ソフトを利用しやすくなるという。例えば,ユーザーが増えることで,astah*を介した開発者間のコミュニケーションを図りやすくなる。「UMLはコミュニケーションの道具。開発成果物の自動生成だけでなく,人間と人間が会話をするための手段がモデリング」(平鍋氏)。

 販売目標として,2010年度に,世界全体で累計50万ライセンス(有償版は累計5万ライセンス)を見込む。さらに,今後3年間で,無償版ライセンスの出荷数で3倍,有償版ライセンス数で5倍の拡大を目指す。これにより世界全体でのシェアの過半数近く,ライセンス数で世界一を目標とする。

 astah*のエディション構成は,無償版「astah* community」を含めて全5種類。有償版は,フル機能版の「astah* professional」が2万9400円(280米ドル)。サポート費用は年間7875円。期間利用ライセンスは,3カ月で4200円,6カ月で7350円,12カ月で1万12600円(120米ドル)。(2)astah* UMLは期間利用ライセンスに限られ,12カ月で5250円。作成した設計図をWebアプリケーション経由で公開/共有してレビューやコミュニケーションを図るためのサーバー・ソフト(3)「astah* share」は7万3500円(70米ドル)。日本での価格はいずれも税込み。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る