• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

地上デジタル放送など3波をマンションの各世帯にミリ波で伝送,システムの受注開始

長谷川 博=日経ニューメディア 2009/07/13 日経ニューメディア

 シャープとDXアンテナは2009年7月13日,地上デジタル放送とBSデジタル放送,CSデジタル放送の3波をミリ波(60GHz帯を使用)無線で伝送する「屋外用ミリ波モジュール」を開発したと発表した。DXアンテナは,このモジュールを用いた「デジタル放送伝送システム」の受注を同日に開始した。

 開発したデジタル放送伝送システムは,ビルやマンションの屋上などに設置したアンテナが受信した放送波を各世帯に無線伝送する。各世帯は,ベランダに受信機を設置するなど簡易な工事をすれば地上デジタル放送など3波の受信が可能になる。同システムで使うミリ波の規格は特定小電力規格に準拠しており,ユーザーは無線免許を取得しなくても設置できる。

 シャープとDXアンテナによると,「ケーブル回線の敷設など大規模な改修が必要なマンションなどの集合住宅は全国に約4万2000棟ある」という。2社は,大規模な改修工事や配線工事を行わずに設置できるデジタル放送伝送システムの普及を通じて,地上デジタル放送の受信世帯数の拡大に貢献することを目指す。

 シャープは,総務省の「電波資源拡大のための研究開発」の課題の一つである「ミリ波無線装置の低コストの小型ワンチップモジュール化技術の研究開発」(2005年12月~2009年3月)に取り組み,デジタル放送伝送システム向けの屋外用ミリ波モジュールを開発した。一方,DXアンテナは,シャープの開発した屋外用ミリ波モジュールをマンションなどに設置して実証実験を行うとともに,共同受信システムの構築を図ってきた。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る