• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

マイクロソフト、新検索サービス「Bing」を6月に開始

杉本 昭彦=日経ネットマーケティング 2009/05/29 日経デジタルマーケティング

 米マイクロソフトは2009年5月29日、新しい検索サービス「Bing」(ビング)を米国時間6月3日に開始すると発表した。日本版は同日にベータ版として提供開始する。同社の検索サービス「Live Search」の機能を大幅に向上させ、ブランド名を変更する。Bingオープン後、Live Searchのサイトへのアクセスは、Bingのサイトへ転送されるようになる。

Bingのトップページは背景が全面写真になっており、定期的に変更される
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザーが求める情報に素早くたどり着けるよう、機能やインターフェースを大きく改善する。検索結果ページでは、検索語との関連性の順に検索結果が並ぶだけでなく、検索語ごとに推測されるユーザーの意図別に検索結果を分類して表示できる。

 例えば、「microsoft」で検索した場合は、検索結果ページ左側に「Products」「Online Services」「Investor Relations」「Company History」「Jobs」「Images」「Videos」と分類名が表示される。Jobsをクリックすればマイクロソフトの求人情報の検索結果だけが一覧表示される。すべての検索語について表示されるわけではないが、検索意図が明確でユーザーの利便性が高まる検索語から分類を加えているという。

「microsoft」で検索した画面。画面左に並ぶ分類名から検索結果を切り替えられる
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにショッピング、旅行、地域情報、健康関連情報の4分野に関しては、購買やサービス選択といった際の意思決定に役立つ情報を選別して提供する。例えば、デジタルカメラの機種名で検索すると、商品のレーティング、価格情報などを一覧できる。価格比較サイトの機能を検索エンジンに取り入れることになる。また、検索結果を通じて商品を購入すると、購入金額の一部をキャッシュバックするプログラム「Bing cashback」サービスも提供。米国では850社以上の1700万商品が対象になる。

製品名などで検索した場合は、ユーザーの評価、価格比較などの情報を一覧できる
[画像のクリックで拡大表示]

 日本では当初、Bingをベータ版として提供。Live Searchと比べて、トップページのデザインや検索結果ページのインターフェースの一部変更程度にとどまる。今後、日本のニーズを見極めながら、Bingならではの新機能を追加していくという。

■関連情報
・「Bing」のWebサイト(6月4日以降) http://bing.com/
・「Bing」日本版のWebサイト(6月4日以降) http://bing.jp/

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る