• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Microsoft,カナダのゲーム開発会社BigParkを買収へ

ITpro 2009/05/08 ITpro
BigParkのホームページ
BigParkのホームページ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは米国時間2009年5月7日,カナダのバンクーバーに本拠を置くオンライン・ゲーム開発会社BigParkの買収計画を発表した。

 BigParkは,米Electronic Artsのカナダ法人Electronic Arts Canadaと,その前身であるカナダのゲーム・ソフト会社Distinctive Softwareの幹部などが2007年に立ち上げた企業。創設メンバーには,「Need for Speed」「FIFA Soccer」「NBA Street」「SSX」といった人気ソフトを手がけた面々が含まれる。

 BigParkのCEOで共同設立者のHanno Lemke氏は,Distinctive SoftwareとElectronic Artsで幹部職や開発担当を務め,Need for Speedのほか「NHL Hockey」「Skate」などの制作を指揮した。また現在,MicrosoftのInteractive Entertainment Business部門上級バイス・プレジデントであるDon Mattrick氏も,BigPark共同設立者の一人だ。

 買収後,BigParkの開発者はMicrosoftのゲーム開発事業部Microsoft Game Studiosに加わり,Xbox 360専用のゲーム開発を継続する。両社はすでに過去1年にわたってXbox 360向けゲーム開発に共同で取り組んできた。

 Microsoft Game Studiosジェネラル・マネージャのPhil Spencer氏は「BigParkのチームは,現在の業界において最も経験豊かで創造的な仕事をする人々で構成されている。BigParkとMicrosoft Game Studiosの才能ある人材が協力することで,成長と革新がいっそう進むだろう」と述べた。また,2009年6月に開催されるElectronic Entertainment Expo(E3)において,両社開発者による新作などを展示する意向を明らかにした。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る