• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

イー・モバイルが上り最大5.8Mビット/秒のHSUPAサービスを開始

松元 英樹=日経コミュニケーション 2009/04/08 日経コミュニケーション
写真●5.8Mビット/秒の送信速度に対応した「D23HW」
写真●5.8Mビット/秒の送信速度に対応した「D23HW」
[画像のクリックで拡大表示]

 イー・モバイルは2009年4月8日,端末からの送信速度を最大5.8Mビット/秒に高速化したHSUPA(high speed uplink packet access)方式のデータ通信サービスを開始すると発表した。対応エリアは東名阪の主要ターミナル駅や空港内。対応端末は4月17日に発売する。

 同社は2008年11月からHSUPA方式のサービスを提供している(関連記事)。このHSUPA方式では最大1.4Mビット/秒だった端末からの送信速度を約4倍に高速化する。データの受信速度は最大7.2Mビット/秒で従来と変わらない。

 新しいHSUPA方式のデータ通信を利用するには対応した端末「D23HW」が必要となる(写真)。端末は中国ファーウェイ・テクノロジーズ製で,2年契約を選択した場合の端末価格は1万4980円。

 サービスの提供地域は,東京近郊では東京駅,新宿駅,渋谷駅,六本木駅,秋葉原駅,羽田空港,成田国際空港,東京ビックサイト,幕張メッセ。愛知県では名古屋駅地下街,栄駅,中部国際空港。関西では新大阪駅,大阪駅,京都駅,大阪国際空港,関西国際空港など。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る