• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

事業部門が直接操作できるBPM製品が登場

矢口 竜太郎=日経ソリューションビジネス 2009/02/27
jFLOW!
jFLOW!
[画像のクリックで拡大表示]

 BPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)コンサルティングを手がけるパワード プロセス コンサルティング(PPC)は2009年2月27日、BPMソフト「jCOM1」の国内販売を開始すると発表した。同製品はプロセス・モデリングの「jPASS!(ジェイパス)」、プロセスの動作テストを実施する「jLIVE!(ジェイライブ)」、プロセスの実行エンジン「jFLOW!(ジェイフロー、写真)」からなる。

 jCOM1の特徴は、システム部門ではなく事業部門の担当者が使いやすいように、ビジネス・プロセスの記述方式を簡素化したこと。プロセスは5種類のアイコンで表記できる。PPCの力正俊社長は「業務を一番よく知っている事業部門の担当者が直接操作できれば、満足度の高いシステムを構築できる」と説明する。

 PPCは主にパートナー企業を通じてjCOM1を販売する。ERP(統合基幹業務システム)が得意なパートナーを3~4社、独自開発が得意なSIパートナーを6~7社、合計で10社の戦略パートナーを募る。まず、ザカティーコンサルティングとパートナー契約を結んだ。

 ザカティー以外にも「jCOM1のコンセプトを理解して、この製品を好きになってくれる企業、ビジネスプロセスのコンサルタント、営業、導入、サポートの体制を取れる企業を探す」と力社長は話す。各パートナーがさらに10社程度のパートナーとともにビジネスを進めることで、「合計100社体制」(力社長)を狙う。

 jCOM1の価格は930万円から(モデラー1人、ワークフロー人数20人の場合)。初年度で100社への導入を目指す。

■変更履歴
パワード プロセス コンサルティングの略称を「PPM」としていましたが,正しくは「PPC」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2009/03/17 15:40]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る