• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Microsoft,Windows Vista SP2のRC版を公開

Paul Thurrott 2009/02/27 ITpro

 米Microsoftは2009年2月25日(米国時間),「Windows Vista」/「Windows Server 2008」用サービス・パック「Service Pack(SP)2」の完成直前バージョンをリリースした。いわゆるリリース候補(RC:Release Candidate)版であり,MSDN/TechNet会員だけが入手できる。一般ユーザー向けには3月第1週に公開する。

 同社のWindowsチームはブログ投稿記事で,「最終版リリース前にWindows Vista/Server 2008用SP2をテストしてもらうため,本日よりTechNet/MSDN会員にRC版を提供する。RC版の一般ユーザー向けダウンロード提供も間もなく始める」としている。

 同社はWindows VistaとWindows Server 2008の両方に適用できるサービス・パックを1つだけ用意することで,配布作業の簡略化を図る。SP2という名称の通り,Windows Vista用としては2つ目のサービス・パックだ。ところが,Windows Server 2008にとっては初めてのサービス・パックとなる。その理由について,同社は「Windows Server 2008は最初のリリース時点でSP1適用済みだったから」と説明している。

 Windows Vista SP1と異なり,SP2を適用しても大きな新機能は追加されない。その代わり,リリース済みアップデートの累積提供と,処理速度/安定性/信頼性の向上に重点を置いている。SP2適用で影響を受ける項目については,SuperSite for Windowsの掲載記事(英文)を読んでいただきたい。

 SP2の最終版は3月に完成し,4月にリリースされる見込みだ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    ITスキル標準がデジタル時代に向け復権?!

     IT人材の分類や必要なスキル(能力)を整理した「ITスキル標準(ITSS)」が装いを新たに再登場した。名称は「ITSS+(プラス)」。デジタル時代に求められるIT人材像や、その人材が担うタスク(業務)やスキルをまとめたもの。従来のITSSを補完する役割を果たす。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る