• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Microsoft,新モバイルOS「Windows Mobile 6.5」やデータ同期サービスを発表

ITpro 2009/02/17 ITpro

 米Microsoftはスペインで現地時間2009年2月16日,モバイル機器向けOSの次版「Windows Mobile 6.5」と,同OS搭載デバイス向けのデータ同期サービス「My Phone」,アプリケーション販売サービス「Windows Marketplace for Mobile」を発表した。同OSベースの携帯電話機は,韓国LG Electronics,台湾High Tech Computer(HTC),フランスFrance Telecom傘下のOrangeが計画中という。

 Windows Mobile 6.5は,ユーザー・インタフェース(UI)を刷新し,ブラウジングの操作性を改善するとしている。ホーム画面には,メールや各種テキスト情報,不在時着信,スケジュールなどの最新情報を表示できる。タッチスクリーン用インタフェースに改良を施し,指でも操作しやすいという。Webブラウザは「Internet Explorer(IE)」の最新版を搭載する(関連記事:MWCでベールを脱ぐWindows Mobileの次期版)。

 My Phoneは,携帯電話機の電話帳/スケジュール/テキスト・メッセージ/写真/ビデオといったデータを自動バックアップ/同期できる無料オンライン・サービス。バックアップ・データの管理は,パソコンのWebブラウザでも行える。携帯電話機を買い換えたときなど,新しい端末にデータを移行することが容易という。現在,招待制の限定ベータ版サービスとして運用している。

 Windows Marketplace for Mobileは,モバイル・アプリケーション提供/販売サービス。携帯電話機とパソコンの両方から利用できる。開発者がアプリケーションを登録するには,同社のセキュリティ/互換性試験を受ける必要がある。

 Windows Mobile 6.5対応デバイスについては,LGが当初「Windows Mobile 6.1」搭載デバイスとして発売する「LG-GM7300」にWindows Mobile 6.5モデルを追加する。また,HTCは「Touch Diamond 2」「同Touch Pro 2」のアップグレードで対応する。Windows Mobile 6.5ベース携帯電話機が市場に登場するのは,2009年下半期になる見込み。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る