• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Nokiaの2008年Q4決算は69%減益,携帯電話販売台数が15%減

ITpro 2009/01/23 ITpro

 フィンランドのNokiaは現地時間2009年1月22日,2008年第4四半期の決算を発表した。それによると,売上高は127億ユーロ(約165億ドル)で前期と比べ3.5%増加したものの,前年同期比では19.4%落ち込んだ。純利益は5億7600万ユーロ(約7億4900万ドル)で前年同期から69%急落。希薄化後の1株当たり利益は0.15ユーロ(約0.20ドル)で,前年同期の0.47ユーロ(約0.61ドル)を大幅に下回った。

 デバイスとサービス事業の売上高は81億ユーロで,前年同期から27%減少。全世界で出荷台数が落ち込んだほか,需要減によるASP(平均販売価格)の低下などが影響した。同事業のうち,サービスとソフトウエア分野の収入は1億5800万ユーロだった。

 当期における業界の携帯電話販売台数は3億500万台で,前年同期から9%減少した。Nokiaの携帯電話の販売台数は1億1310万台で,同15%減。同社の市場シェアは推定37%で,前年同期の40%から縮小した。また同社の携帯電話のASPは71ユーロで,前年同期の72ユーロからわずかに減少した。

 2008年通期の売上高は,前年同期比0.7%減の507億ユーロ。純利益については,米メディア(New York Times)が同42%減の40億ユーロと報道している。

 同社は2009年に,携帯電話の販売台数が前年から約10%下回ると予測する。下半期より上半期の落ち込みが大きくなる見通しという。

[発表資料(PDF形式)]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    日本人SEが外資系ITに大量流出、これでいいのか?

     日本ハムの二刀流こと、大谷翔平選手のメジャー移籍が話題になっている。23歳という年齢は早すぎる気もするが、メジャーを熱望しながらプロ野球界にとどまった経緯を考えれば、当然の流れといえそうだ。もはや「なぜお前もメジャーに行くのか?」と嘆くよりも、大舞台での雄姿を早く見たいのではないだろうか。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る