情報システムのトピックス-PR-

IBMとSAP,初の共同開発ソフト「Alloy」を2009年3月にリリースへ

2009/01/20
ITpro

 IBMと独SAPは米国時間2009年1月19日,米フロリダ州オーランドで開催中の年次カンファレンス「Lotusphere」において初の共同開発ソフトウエア「Alloy」を同年3月にリリースする計画を発表した。

 Alloyは,IBMのコラボレーション・ソフトウェア「IBM Lotus Notes」とSAPのビジネス・アプリケーション「SAP Business Suite」を連携させるもの。Lotus Notesクライアントから直接SAP Business Suiteのワークフローやレポート,分析機能などを利用できるようにする。ワークフローとレポートの標準セットが付属し,これらはLotus DominoおよびSAPのツールを使ってカスタマイズできる。

 IBMによると,同社顧客の上位100社のうち半数以上がSAPの製品を導入しており,両社製品の機能連携を求める声が多かったという。

 Alloyの初回リリースは,IBMとSAPの両社が販売を行う。

発表資料へ

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、ITproは一切の責任を負い ません(ITproからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

▲ ページトップ