• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「ネット上に“群衆”を作る」---数十万人が会話できる「ニコニコ広場」がオープン

高橋 信頼=ITpro 2008/12/22 ITpro
最大数十万人がチャットできるニコニコ広場。動画エリアには動画のランキングや生放送の情報などが表示されている
最大数十万人がチャットできるニコニコ広場。動画エリアには動画のランキングや生放送の情報などが表示されている
[画像のクリックで拡大表示]
ニコニコ動画右上にある,ニコニコ広場へ移動するボタン
ニコニコ動画右上にある,ニコニコ広場へ移動するボタン
[画像のクリックで拡大表示]
ドワンゴ 研究開発本部 戀塚昭彦氏。ニコニコ動画の最初の動画プレーヤーとメッセージ・サーバーを開発した
ドワンゴ 研究開発本部 戀塚昭彦氏。ニコニコ動画 開発総指揮。最初の動画プレーヤーとメッセージ・サーバーを開発した(写真:矢崎茂明=日経ソフトウエア)
[画像のクリックで拡大表示]
ドワンゴ 研究開発本部 杉谷保幸氏。動画プレーヤーFlash,生放送,ニコニコ動画モバイルの開発を担当した
ドワンゴ 研究開発本部 杉谷保幸氏。動画プレーヤーFlash,生放送,ニコニコ動画モバイルの開発を担当した(写真:矢崎茂明=日経ソフトウエア)
[画像のクリックで拡大表示]
ドワンゴ 第二開発部 藤田俊氏。ニコニコ広場とニコスクリプトの開発を担当した
ドワンゴ 第二開発部 藤田俊氏。ニコニコ広場とニコスクリプトの開発を担当した(写真:矢崎茂明=日経ソフトウエア)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドワンゴは2008年12月22日,ニコニコ動画の上で最大数十万人がチャットできるサービス「ニコニコ広場」を開設した。

 ニコニコ広場には,ニコニコ動画の各動画の右上にある「ニコニコ広場に行く」ボタンで入ることができる。また時報が流れると,自動的にニコニコ広場に移動する。ニコニコ広場では,現在アクセスしているユーザーがさまざまな動画に書き込んだコメントがリアルタイムに表示される。動画エリアには通常,現在閲覧されている動画のランキングや生放送の情報などが表示される。

動画,生放送に次ぐコミュニケーションの進化

 「ネット上に“群衆”を作りたい」(ドワンゴ 研究開発本部 杉谷保幸氏)---ドワンゴでは,ニコニコ広場を,「ニコニコ動画」,「時報(ニコ割)」,「ニコニコ生放送」に次ぐコミュニケーションの進化と位置付ける。「クラウドメッセージング(Crowd Messaging)」と,ドワンゴでは名付けている。

 ニコニコ動画は「非同期に掲示板に書き込まれたコメントを,動画の時間軸に沿って見ることで擬似的なリアルタイム感を得られるようにする」(ドワンゴ 研究開発本部 戀塚昭彦氏)ものだ。動画を共有することで,ニコニコ動画に集まったユーザーはバラバラなユーザーではなく場を共有する“つながった群衆”となった。ニコニコ動画にとってユーザーの書き込みは単なるコメントではなく,コンテンツの一部となっている。

 このニコニコ動画のコミュニケーションを実際にリアルタイムで行ったのがニコニコ生放送である。ニコニコ生放送は,ユーザー同士が場を共有するだけでなく,出演者がユーザーのコメントを読み“場”を共有する。出演者がユーザーのリクエストに応じたり,質問に答えたりすることで,ユーザーもコンテンツ製作者となる。「こういった形のコミュニケーションはリアルにはあったが,ネットにはこれまでほとんどなかった」(戀塚氏)。

 このようなリアルタイムのコミュニケーションを「一カ所に集めて同期しよう」(ドワンゴ 第二開発部 藤田俊氏)としたのが,今回始まったニコニコ広場だ。

 もともと,動画にとどまらないコミュニケーションの需要はあった。例えば地震のような事件が起こると,ランキング上位の動画にユーザーが集まってきて地震について会話を始めるという現象があった。ニコニコ広場は,このような「動画以外の話題について話をしたい」というユーザーが集まる場にもなる。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 人のつながりを動的に組み替える次世代サーバー
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IoTで快適オフィス】

    二酸化炭素濃度まで見える化、IoTで「快適空調」

     トイレや会議室と並んで、社員の不満が出やすいオフィス設備の一つが空調機器だ。温度や湿度など空気の状態は部屋の人数や動きによって変化しやすく、感じ方も人によって異なる。IoTの技術を使って空気の状態などを見える化し、空調設備などの制御を最適化するシステムの開発が活発になってきた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る