• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

アンリツ,シグナルアナライザとベクトル信号発生器を次世代PHS対応に

田中 正晴=日経ニューメディア 2008/12/10 日経ニューメディア

 アンリツは2008年12月10日,シグナルアナライザ「MS269xAシリーズ」およびベクトル信号発生器「MG3700A」の機能強化に向けて,次世代PHS(XGP:eXtended Global Platform)方式に対応したソフトウエアを開発したと発表した(発表資料)。12月12日から販売する。

 今回開発したソフトウエアは,各種移動通信システムの開発・製造で利用されているMS269xA用の「XG-PHS測定ソフトウェアMX269016A」,「XG-PHS IQproducer MX269909A」およびMG3700A用のPCソフトウエア「XG-PHS IQproducer MX370109A」である。こうしたソフトウエアを使用することで,MS269xAシリーズを使って次世代PHS方式に対応した携帯電話端末や基地局,デバイスの送信および受信特性を評価できるようになる。

 またMG3700Aは,受信特性評価が可能となる。この受信特性評価を行う際には希望波と妨害波が必要となるが,MG3700Aは希望波に加え妨害波の出力も可能で,受信特性評価を1台で実行できる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【東京五輪のワクワクIT】

    テストは20万時間、東京五輪ITシステムの舞台裏

     あと3年に迫った2020年の東京オリンピック・パラリンピック。「絶対に遅れることはできないし、稼働後の不具合も許されない」という五輪向けのシステムをどう構築しているのか。欧州Atosで東京五輪向けシステム構築プロジェクトを率いるセイレッシュ・チョーハン氏にプロジェクトマネジメントのポイントを聞いた…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る