• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

NTTデータが新開発手法、“見た目重視”で工期3割削減

矢口 竜太郎=日経コンピュータ 2008/10/15 日経コンピュータ
米アクシュア・ソフトウエア・ソリューションズ製の画面プロトタイプ作成ソフト「Axure RP」
米アクシュア・ソフトウエア・ソリューションズ製の画面プロトタイプ作成ソフト「Axure RP」
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータは2008年10月15日、顧客の要求を使いやすさも含めて的確に定義するシステム開発手法を策定したと発表した。特徴は、要件定義時に画面レイアウトを含めたシステム全体の使いやすさについて顧客と合意を取ること。

 米アクシュア・ソフトウエア・ソリューションズ製の画面プロトタイプ作成ソフト「Axure RP(アクシュア・アールピー)」を利用することで実現した。この手法に変更することで、要件抽出における品質向上と約30%の工期短縮を実現できるという。同社はこの手法を拡大し、2009年に50件の適応を目指す。

 新手法では企画工程で業務の全体像を定め、それをもとに画面レイアウトのプロトタイプを「Axure RP」で作成する(図)。Axure RPはVisual Studioなどの開発ツールよりも簡単な操作で画面レイアウトを作成でき、Visioなどの作画ツールよりもリアルに本番環境でのシステムの挙動を再現することができる。このツールを使うことで、顧客と関係者で合意を促し、合意を得た画面設計情報は後の工程にも活かす。

 今回の新手法は、中期経営施策の一つである「開発プロセスの変革」の一環。同社は、システム開発方法論や開発プラットフォームの統一などを推進し、品質および生産性の向上に取り組んできた。ビジネスモデリング手法「MOYA(モヤ)」、統合開発ソリューション「TERASOLUNA(テラソルナ)」などがそれにあたる。

 また子会社の米NTTデータアジルネットは「Axure RP」を日本語化。11月下旬より販売を開始する。3年間で1500本の販売を目指す。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る