• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Google Chromeの速度をチェック,Firefox3よりも1.7倍高速

田村 奈央=日経コミュニケーション 2008/09/05 日経コミュニケーション

 記者が最初にGoogle Chromeを触った時の第一印象は,「速い! 今までよりGmailがサクサク動く」というものだった。グーグルの説明によれば,この速さには「V8」という新しいJavaScriptエンジンが寄与しているという。

 そこで,実際に他のWebブラウザに比べてどの程度JavaScriptの処理が速くなったのか測ってみた。測定に使ったのはThe WebKit Open Source Projectが提供しているJavaScriptのベンチマーク・サイト「SunSpider 0.9」。ちなみに,WebKitはGoogle Chromeのほかに,アップルのSafariでも採用されているオープンソースのHTMLレンダリング・エンジンだ。

 比較対象としたのはFirefox 3.0.1,Internet Explorer(IE) 7,同 8ベータ2,Opera 9.5,Safari 3.1.2である。テストに使ったパソコンはPentium M 1.2GHz,メモリー512MBを搭載した松下電器産業の「Let's note CF-R4」。OSはWindows XP Professional Service Pack 3を利用した。

 結果は図の通り。記者の第一印象通りGoogle Chromeが圧倒的に速かった。Firefox 3.0.1に対しては約1.7倍,Internet Explorer 7に対しては約17倍の差をつけている。

 Webブラウザの高速化に取り組んでいるのはGoogleだけではない。Mozillaでは時期バージョンのFirefox 3.1で「TraceMonkey」と呼ばれる新しいJavaScriptエンジンを採用する予定だ。MozillaのCTOは2008年9月3日,Blogの記事中で開発中のTraceMonkeyとV8とを比較したSunSpiderのベンチマーク・テスト結果を披露した(Mozillaのブレンダン・アイヒCTOのブログ)。これによれば,TraceMonkeyはV8を上回る速度をマークしている。

 Googleのライナス・アプソン エンジニアリングディレクターは,日本でのChromeの記者発表会で,Webブラウザの開発について「競争がより良いWeb環境をもたらす」とコメントしていた。パフォーマンス面でのChromeの圧勝が今後も続くとは限らない。しかし,Chromeの登場によってWebブラウザの開発競争が激しくなり,結果としてより高速なWeb環境がユーザーにもたらされることは間違いなさそうだ。

図●JavaScriptのベンチマーク・サイト
図●JavaScriptのベンチマーク・サイト
「SunSpider 0.9」で各Webブラウザの処理速度をチェック。なお,グラフ中の数値は3回テストを実施した平均値。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【東京五輪のワクワクIT】

    テストは20万時間、東京五輪ITシステムの舞台裏

     あと3年に迫った2020年の東京オリンピック・パラリンピック。「絶対に遅れることはできないし、稼働後の不具合も許されない」という五輪向けのシステムをどう構築しているのか。欧州Atosで東京五輪向けシステム構築プロジェクトを率いるセイレッシュ・チョーハン氏にプロジェクトマネジメントのポイントを聞いた…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る