• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ドコモ,スマートフォン「BlackBerry」を8月から個人ユーザーへ販売

武部 健一=日経コミュニケーション 2008/07/07 日経コミュニケーション

 NTTドコモは2008年7月7日,カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)が開発するスマートフォン「BlackBerry」を8月1日から個人ユーザーへも販売すると発表した。これまでBlackBerryは法人限定で販売していた。機種は法人向けと同じ「BlackBerry 8707h」で,実売価格は3万円台前半。

 個人向けのBlackBerryサービスは「ブラックベリーインターネットサービス」(BIS)と呼ばれ,海外では既に提供されている。BISの月額費用は3045円。これにFOMA回線利用料とパケット通信料がかかる。

 パケット通信は定額制には対応しておらず,NTTドコモが用意する「パケットパック」を選ぶことになる。BlackBerry専用のパケット割引サービスとして,NTTドコモは9月1日から「ブラックベリーデータ通信パック」も提供する。同サービスは8万パケットまでは月額1680円,8万パケット超過後は1パケットあたり0.0525円というもの。

 BISのユーザーは「docomo.blackberry.com」のドメインを持つメール・アドレスが使える。OCN,Google,So-net,@Nifty,ぷららのメールも自動受信可能。同時に使えるメール・アドレスは最大10個まで。なお,iモードには対応していない。

 また,既に法人向けのBlackBerryを利用しているユーザーに向け,BISを同時に利用できるサービス「ブラックベリーデュアルサービス」を9月1日に開始する。こちらは月額3570円。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る