ネットワークのトピックス-PR-

世界観が素晴らしい――ソフトバンク孫社長がiPhoneの魅力を熱弁

2008/06/13
松元 英樹=日経コミュニケーション (筆者執筆記事一覧

 都内で開催された通信事業者の会合に参加したソフトバンクの孫 正義社長は2008年6月13日,7月11日に発売するiPhoneについて報道陣の質問に答えた。価格設定や販売方法について説明したほか,アップルとの交渉を経て販売契約を獲得したiPhoneの魅力について語った。主な発言は下記の通り。

米国では199ドル,299ドルという価格だが,国内でどう設定するか。

 価格の詳細は発表できない。後日発表する。従来から投入されている他メーカーの高機能モデルよりも,魅力的な価格となるだろう。ただし,ユーザーのさまざまな要望にiPhoneが100%応えられるわけではない。複数の端末を適材適所で用意する。通話料金やデータ通信の料金は未定。今月中に発表したい。

在庫は潤沢に用意できるのか。販売方法は。

 アップルが世界的に製品を用意することになるので,潤沢ではない可能性がある。発売直後はお待たせするかもしれない。製品は,ソフトバンクショップのほか,アップルストアでも販売する。アップルとの契約上では,国内で独占販売とはなっていない。ただ,実質的には我々が優位な状態にあり,独占といってもいい。

日本独自に機能を搭載する可能性はあるか。

 ハード的にボタンを追加するなどはあり得ない。タッチパッド上で日本特有の入出力ツールを用意することは考えられる。そのほかは,数多くの専用アプリケーションやゲームを追加していく。アプリケーションはiTunesストア経由で購入できる。おサイフケータイがないといった機能の不足を指摘する声もあるようだが,おサイフケータイは世界的に使われている機能ではない。コストを上げて搭載するものではない。

他社にさきがけてiPhoneの販売契約を獲得できた理由は。

 精一杯に努力を尽くした結果だと考えている。

実際にiPhoneを触ってどう感じたか。

 世界観が素晴らしい。パソコンとのデータ連携ツール「MobileMe」を用意したほか,Exchange Serverにも対応してビジネス用途にも対応した。ゲームなど多くのアプリケーションが登場するだろう。

 オブジェクト指向のSDKも注目に値する。マウス操作で何十分と短い時間でアプリケーションが作成できるのは驚きだ。従来,携帯電話のアプリケーションは閉じたプラットフォームで作られており,新しい機種が登場すると作り直す必要があった。iPhoneのSDKは,既に20数万のエンジニアがダウンロードしたという。作成したアプリケーションはiTunesストアで売れる。流通段階まで提供されている点が魅力だ。

 こうしたOSや流通段階のシステムを一から作るとなれば,5年はかかるだろう。iPhoneをまねた端末が登場してくるかもしれないが,iPhoneのようなSDKやiTunesストアを含めたシステムはない。iTunesと組み合わせて利便性を高めたiPodと,単純なMP3プレーヤーで大きく差がついたが,同じような位置づけとなるだろう。

 従来からSymbian OSやWindows MobileといったOSもあったが,iPhoneは数十年の技術の蓄積があるMac OSをベースにしているという優位性がある。ファームウエアについても従来の携帯電話とは思想が違う。ファームウエアをアップグレードして,機能を追加できる。柔軟性はパソコンと同レベルだ。

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro Special

ネットワーク/通信サービス

>>もっと見る

▲ ページトップ

これからのIT投資術-PR-

ピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

最新号

注目の新刊書籍

6月23日発行



企業ネットワーク顧客満足度/法人モバイル利用意識調査 2015-2016

企業の情報システム/通信ネットワーク担当者への利用意識調査結果を加工・分析がしやすいExcelファイル形式で収録!