• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

NTTドコモが車載用のFOMAモジュール新製品を発表

山崎 洋一=日経コミュニケーション 2008/06/10 日経コミュニケーション
写真●NTTドコモの車載用「FOMAテレマティクスモジュール」
写真●NTTドコモの車載用「FOMAテレマティクスモジュール」
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2008年6月10日,自動車やカーナビゲーション・システムなどに組み込んで使う車載用通信モジュール「FOMAテレマティクスモジュール」(京セラ製)を開発したと発表した(写真)。2009年2月に発売予定。緊急通報,交通情報の提供,カーナビを使ったハンズフリー通話,重機の位置管理や車両の運行管理などでの利用を想定している。

 大きさは幅約52mm,奥行き約60mm,厚さ約8.6mmで,重さは約29グラム。FOMAの音声通信,パケット通信(ベストエフォートで下り最大384kビット/秒,上り最大64kビット/秒),テレビ電話通信に対応する。音声とパケットに同時接続する「マルチアクセス」も可能である。

 ドコモは組み込み用の「FOMAユビキタスモジュール」をすでに販売中だが,2009年に発売するFOMAテレマティクスモジュールは,-30~70℃という広範な温度範囲で動作させることができ,耐久性がより高いという(FOMAユビキタスモジュールの動作温度は-20~60℃)。また,FOMAユビキタスモジュールはパケット通信しかできなかったが,FOMAテレマティクスモジュールはパケット通信と音声通話の両方に対応する点も違う。

 なおドコモは,FOMAユビキタスモジュール向けのパケット料金プラン「FOMAユビキタスプラン」(月額840円から)を提供中だが,FOMAテレマティクスモジュールもパケット通信だけで使用する場合は,同プランを使えるようにする予定である。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    IoTで一石二鳥、オークマが日立Lumadaを活用

     工作機械のオークマは、日立製作所のIoT(インターネット・オブ・シングズ)基盤「Lumada」を新鋭工場「Dream Site2(DS2)」へ導入し、2017年6月に本格稼働する。同社の既存工場と比べて時間あたりに処理できる部品加工の作業量を2倍に増やし、多品種少量生産の効率を高める。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る