• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

SilverlightのOSS版「Moonlight」の2.0ベータ公開

実態はバージョン1.1の改名?

米田 正明=日経Linux 2008/05/15 日経Linux
写真1 Moonlightのダウンロード・サイト
写真1 Moonlightのダウンロード・サイト
[画像のクリックで拡大表示]

 オープンソースの「Mono」プロジェクトは2008年5月13日(米国時間),米Microsoftが開発を進めるブラウザ用プラグイン「Silverlight」のオープンソース版である「Moonlight」の新バージョン2.0のベータ版を公開した(写真1)。

 Silverlightは,米Adobe社の「Flash」と同じように,ブラウザ上でリッチ・コンテンツを表示するためのプラグイン。Flashでは「ActionScript」を開発言語として使用するが,Silverlightでは広くWebアプリケーションで用いられている「JavaScript」を利用できる。JavaScriptに慣れたプログラマにとって,リッチ・コンテンツを作成する際のハードルが低い。 最新バージョンは1.0で,2.0のベータも既に公開されている。

 Silverlightには,WindowsおよびMac OS X版しかないが,Moonlightを使えばSilverlightのコンテンツをLinux上で動作させられる。

 Silverlight2.0の正式版は,2008年中にもリリースされる予定。DLR(Dynamic Language Runtime)という仕組みによって,JavaScript以外にC#,VBx,Ruby,Pythonをサポートする。今回のMoonlight2.0ベータは,Silverlight2.0のベータに対応するものだ。

 これまでMoonlightは,Silverlightのバージョンに合わせて,開発版の1.1がメンテナンスされていた。Silverlightが1.1から2.0に名前を変えたのに合わせて,Moonlightも1.1から2.0に改名した,というのが実態のようだ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ITpro Report】

    トヨタとチームラボが作った「Mobilmo」で思わず童心に返る

     トヨタとチームラボが共同で開発した知育アプリケーション「Mobilmo(モビルモ)」が2017年7月14日に配信を始めた。回転する車輪やロケット風のエンジンなどを組み合わせて、自分で操作するロボットを作成。舞台となる惑星を探検したり、他のユーザーにアピールしたりする。実際に遊んでみると、その奥深さ…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る