• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

NEC製のWindows Server2008搭載サーバーが世界最速を記録

星野 友彦=日経コンピュータ 2008/03/18 日経コンピュータ

 NECは2008年3月18日、米マイクロソフトのサーバー向けOS最新版「Windows Server 2008」を搭載したサーバーがトランザクション処理性能を測定する業界標準ベンチマークで世界最高性能を記録したと発表した。米ユニシス製サーバーが保持していた従来記録を約70%上回った。Windows Server 2008は米国での本格出荷が2月27日に始まったばかり。NECの記録も2月27日に認定されている。NECは「長年にわたるマイクロソフトとの協力関係が実った」としている。

 NEC製品が最高記録を樹立したのは、業界団体のTPCカウンシルが策定したベンチマーク・テスト「TPC-E」。証券会社の株取引業務を想定したベンチマークで、トランザクション性能を測る指標として標準的に使われている。

 NECはハイエンド・サーバー「Express5800/1320Xf」(国内では「NX7700i/5080H-64」に相当)を使い、TPC-Eテストで1126.49tpsE(tpsEは1秒当たりのトランザクション処理数を示す指標)を記録。ユニシスのES/7000が昨年7月に認定を受けた660.85tpsEを塗り替えた。

 テスト機はCPUとしてインテルのデュアルコア版Itaniumを32個搭載。メモリーは512Gバイト装備した。OSにWindows Server 2008を使っただけでなく、データベース・ソフトもマイクロソフトの最新製品「SQL Server2008」にした。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【FinTechを理解するQ&A】

    レギュラトリー・サンドボックスとはなんですか?

     実証による政策形成を実現するため本人の明確な同意のもと、期間や人数を限定した対象者を相手に、既存の規制が適用されない実験場を設け、新たなサービスの有用性などを試し、その結果をもとに規制を改善していく枠組みです。FinTech推進のため英国で生まれた枠組みを参考に、日本ではFinTechに限らない分…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る