情報システムのトピックス-PR-

YouTubeやニコニコ動画をファイル保存できるWoopie Video Desktop

2008/02/29
井原 敏宏=日経パソコン (筆者執筆記事一覧
「Woopie Video DeskTop」の動画再生画面
「Woopie Video DeskTop」の動画再生画面
[画像のクリックで拡大表示]
動画ファイル形式を選択して、指定のファイルに動画を保存できる
動画ファイル形式を選択して、指定のファイルに動画を保存できる
[画像のクリックで拡大表示]
キーワードを登録しておけば、自動的に動画を取得することもできる
キーワードを登録しておけば、自動的に動画を取得することもできる
[画像のクリックで拡大表示]

 ACCESSPORTは2008年2月29日、YouTubeやYahoo!動画など世界中の動画サイトの動画を保存できる無料ソフト「Woopie Video DeskTop」の提供を開始した。同社が運営する動画検索サイト「Woopie」のサービスの一環として無償提供する。

 Woopie Video DeskTopは動画の検索や視聴ができるだけでなく、Flash形式で配信される動画をファイルとしてデスクトップに保存したり、携帯電話やiPodなどの携帯音楽プレーヤー用にデータ形式を変換したりできる。対応する動画サイトは、YouTube、Yahoo!動画、ニコニコ動画、Ameba、MySpaceなどFlash形式で動画を配信するサイト。

 検索した動画や、動画にアクセスするURLをコピーすることで、ダウンロードリストに動画を登録できる。後は動画ファイルの形式を選択すれば動画がファイル保存される。選択できる動画ファイルの形式は、例えばパソコンで再生するなら「WMV 高画質」、iPodで再生するなら「iTunes MP4」といった具合だ。

 好みのキーワードを登録しておき、一定時間ごとに自動的に動画を探して保存する機能も備える。ダウンロードした動画はその場で再生できるうえ、静止画のキャプチャーを取ることもできる。

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld

Twitterもチェック

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号