• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Yahoo!が「OpenID」に対応,「Yahoo! ID」で外部サイトを利用可能に

ITpro 2008/01/18 ITpro

 米Yahoo!は米国時間1月17日,シングル・サインオン(SSO)技術「OpenID 2.0」に対応すると発表した。これにより,同社の各種サービス向けID「Yahoo! ID」でさまざまなOpenID対応Webサイトにログインできるようになる。

 まず1月30日にベータ運用を開始し,外部サイトでYahoo! IDを利用可能とする。その後,OpenID対応サービスを拡充していく。全世界で発行アカウント数2億4800万個のYahoo! IDがOpenIDに対応すると,OpenIDアカウント数は現在の3倍に相当する3億6800万個に増える。

 外部のOpenID対応Webサイトで認証を受ける際,電子メール・アドレスやインスタント・メッセージング(IM)ユーザー名などの情報を入力する必要はない。また,Yahoo!ユーザー向けセキュリティ機能「sign-in seal」も併用できるので,フィッシング・サイトを見破りやすいという(関連記事:Yahoo!,サインイン画面にパソコン独自の秘密画像を表示してフィッシングを防止ヤフーが新たなフィッシング対策、お気に入り画像をログイン時に表示)。

 OpenIDは,Webサイト向け認証フレームワーク。複数のWebサイトを1つのユーザーIDで利用可能とする仕組みである(関連記事:OpenIDとは)。OpenID 2.0仕様はOpenID Foundationが中心となって2007年12月に完成させた。仕様策定作業には,Yahoo!も協力した。

 米メディア(InfoWorld)によると,現在OpenID対応Webサイトは1万カ所弱あり,米Google,米Six Apart,米AOL,米Sun Microsystems,米Novell,米Microsoftなどから支持または賛同を得ているという。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IoTで快適オフィス】

    二酸化炭素濃度まで見える化、IoTで「快適空調」

     トイレや会議室と並んで、社員の不満が出やすいオフィス設備の一つが空調機器だ。温度や湿度など空気の状態は部屋の人数や動きによって変化しやすく、感じ方も人によって異なる。IoTの技術を使って空気の状態などを見える化し、空調設備などの制御を最適化するシステムの開発が活発になってきた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る