• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

沖電気とアルパインなどがモバイルWiMAXカーナビを共同開発

田中 正晴=日経ニューメディア 2008/01/07 日経ニューメディア
デモの構成
デモの構成
[画像のクリックで拡大表示]

  沖電気工業とアルパイン,イスラエルの半導体会社であるRuncom Technologiesの3社は,モバイルWiMaxを利用したカーナビゲーションシステム(カーナビ)を共同開発した(発表資料)。地図情報や各種のアトラクション,イベント情報の更新および提供などをモバイルWiMAXを利用して実行することを想定する。2008年1月7日に米国ラスベガスで開催するCESで出展する。カーナビへWiMAXを経由したストリーミング映像配信を行うことで,地図情報の更新やブロードバンドコミュニケーションなど将来の各種車載サービス実現に向けたモバイルWiMAXの適用可能性を披露する。

 出展するシステムは,Runcom TechnologiesのモバイルWiMAX向けベースバンド処理用LSIを利用したUSBタイプの通信端末を沖電気工業が試作した。この通信端末を,アルパインのカーナビに接続する。なお,Runcom Technologiesは,多重タクセス技術としてOFDMAを採用したモバイルWiMAX向け半導体開発を進める企業である。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    工事進行基準は廃止、受託ソフトの会計処理に新基準

     日本の会計基準を作成する企業会計基準委員会(ASBJ)は2017年7月20日、企業の売上高に関する会計処理を定める「収益認識基準」の草案を公開した。これまで受託ソフトウエア開発に適用されていた工事進行基準を定めた基準が廃止になるため、ITベンダーの会計処理に影響がある。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る