• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

東大、京大、筑波大の「共通仕様スパコン」、導入ベンダーは日立・富士通・クレイに

市嶋 洋平=日経コンピュータ 2007/12/25 日経コンピュータ

 京都大学、筑波大学、東京大学の3国立大学法人が同仕様での導入を予定している、スーパーコンピュータの採用ベンダーが決まった。12月25日、各社からの入札の検討結果を一斉に発表した。いずれも08年度の早い段階に稼働を始める計画。

 理論性能が約140テラFLOPSと最大のシステムを導入する東大は、日立製作所のスパコンを採用することとなった。同約95テラFLOPSの筑波大はクレイ・ジャパン・インク/米Appro、同約61テラFLOPSの京大は富士通それぞれのスパコンを導入する。筑波のシステムは、Approのハードウエアをクレイが構築して運用することになるという。

 3大学は市販サーバー向けのプロセサや、一般的な通信モジュールなど汎用部品の利用を前提とした「PCクラスタ型」を採用し、コスト当たりの処理性能の向上を図った。科学技術計算だけでなく、データ・マイニングなど広い用途での利用を想定している。また、仕様を共通化することで、各大学のスパコンを連携させることを可能とした。

 3大学はこうした特徴からシステムを「オープンスパコン」と名付けており、各大学の名称から「T2K」とも呼ばれることもある。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【USBの謎】

    USBコネクタの互換性、知っておきたい3つの常識

     USB HDDに付属する専用ケーブルを忘れてデータが取り出せない、USB 3.0を示す青色ポートが見当たらない、形状の合ったケーブルなのに速度が出ない。これらのトラブルに直面しても、互換性を重視してきたUSB仕様の常識を知っておくと困らずに済む。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る