• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「Flash Player」に危険な脆弱性が多数、最新版にバージョンアップを

勝村 幸博=日経パソコン 2007/12/20 日経パソコン
「Adobe Flash Player」のページにアクセスした例。インストールされているFlash Playerのバージョンを確認できる(図では、バージョン9.0.115.0がインストールされている)
「Adobe Flash Player」のページにアクセスした例。インストールされているFlash Playerのバージョンを確認できる(図では、バージョン9.0.115.0がインストールされている)
[画像のクリックで拡大表示]

 米アドビシステムズは2007年12月18日(米国時間)、同社の「Adobe Flash Player」に複数の脆弱性が見つかったことを明らかにした。細工が施されたWebページにアクセスするだけで、悪質なプログラム(ウイルスなど)を実行される危険性などがある。対策は、最新版にバージョンアップすること。

 今回明らかにされた脆弱性は合計10件。その中には、Flashファイルの処理に関する脆弱性が含まれる。細工が施されたファイルを開くと、ファイルに含まれるウイルスなどを勝手に実行される恐れがある。そういったファイルが置かれたWebページにアクセスするだけでも被害に遭う危険性がある。

 影響を受けるのは、バージョン9.0.48.0およびそれ以前、バージョン8.0.35.0およびそれ以前、バージョン7.0.70.0およびそれ以前。すべてのプラットフォーム(Windows/Mac/Linux/Solaris版)が影響を受ける。

 対策は、最新版にバージョンアップすること。Windows/Mac/Linux版については、最新版は「Flash Player 9.0.115.0」。アドビシステムズでは、影響を受けるユーザーすべてに対して、最新版へバージョンアップすることを強く推奨している。なおSolaris版の最新版については準備中としている(今回の脆弱性を解消したベータ版は公開中)。

 「Flash Player 9.0.115.0」は、同社の「Adobe Flash Player ダウンロードセンター」から入手可能。また、現在インストールされているFlash Playerのバージョンは「Adobe Flash Player」にアクセスすれば確認できる。

 ここで注意すべき点は、WebブラウザーごとにインストールされているFlash Player(プラグイン)が異なるということ。複数のWebブラウザーを使っている場合には、Flash Playerを、それぞれバージョンアップする必要がある。

 アドビシステムズでは、何らかの理由でバージョン9.xにアップグレードできないユーザーに対して、バージョン7.x用のパッチを用意している。パッチは「Flash Player update TechNot」のページから入手できる。ただし、バージョン7.x用パッチを提供するのは今回が最後の予定。同社では、バージョン7.xのユーザーに対して、今後は最新のバージョンの利用してほしいとしている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    立てれば分かる、「Mastodon」がはやるワケ

     Twitterのようなサイトを簡単に構築できる「Mastodon(マストドン)」がネットを騒がせている。数百ユーザー単位のミニTwitterが相互に連携する仕組みで、国内ユーザーは5万人を超えた。なぜここまで流行るのか。自分で構築してみれば一目瞭然だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る