• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

グーグル版ウィキペディア「knol」がテスト運用を開始

松元 英樹=日経パソコン 2007/12/17 日経パソコン
開発中の情報サービス「knol」の画面
開発中の情報サービス「knol」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米グーグルは2007年12月13日(現地時間)、不特定多数のユーザーがさまざまな事柄の解説記事を書く「ウィキペディア」のような情報サービス「knol」の開発を明らかにした。ウィキペディアと異なるのは、記事を書く筆者に重点を置いていること。筆者の名前を記事に明記して、読者が評価をする機能などを付けることで、ネット上に流れる情報の品質向上につなげていきたいという。

 knolは「a unit of knowledge(知識のユニット)」を意味するという。例えば、電化製品であれば製品スペックから修理方法まで、健康に関することであれば医学の概念から治療情報までと、あらゆる情報や知識をカバーすることを想定する。コミュニティーツールとしての役割も持っており、読者は記事に対してコメントや質問を書き込める。筆者に星マークで評価を付ける機能もある。

 米グーグルはテスト版の画像を公開した(図)。ここでは「不眠症(insomnia)」に関する解説が書かれている。別の筆者が同じトピックについて記事を書くこともあり得るが、筆者同士の競争も情報の品質向上に役立つとしている。筆者は、記事に広告を載せて収入を得ることも可能。

 現在は、一部のユーザーに対する招待制でテスト運用している。テストが完了し次第、一般公開する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る