• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ゆうちょ銀行、正月三が日もATMを稼働

吉田 洋平=日経コンピュータ 2007/12/03 日経コンピュータ
写真●日本郵政の西川善文 取締役兼代表執行役社長
写真●日本郵政の西川善文 取締役兼代表執行役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 日本郵政グループのゆうちょ銀行は12月3日、2008年の正月三が日は一部のATM(現金自動預け払い機)を稼働させると発表した。この期間にATMを稼働させるのは、旧郵政省、公社時代を通じて今回が初めて。

 2008年正月に稼働させるのは全国約2万6000台のATMのうち、「ホリデーサービス」の名称で日曜・休日も稼働している約1万2000台。加えてセブン銀行のATM約1万2700台でもゆうちょ銀行のキャッシュ・カードが利用できるため、利用可能なATMは合計で約2万4700台となる。

 ゆうちょ銀行のシステムは、「ATMの稼働を停止しなくても保守できる仕組みを採っている。ただ、従来は正月3が日を利用して大幅なシステム変更を施すことが多く、リスクを考慮してATMの稼働を止めていた」(ゆうちょ銀行のIT担当者)。今回は大幅なシステム変更がないことから稼働を決めた。日本郵政の西川善文 取締役兼代表執行役社長は「ATMの保守には万全を期す」と述べた。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【QRコード大増殖】

    銀行窓口での対応時間、QR伝票で3分に

     西日本シティ銀行は、QRコードで窓口業務の混雑を一変させた。入出金や振り込み、納税、両替の手続き時に窓口へ提出する伝票をWebサイトで作成できる「伝票作成WEBサービス」がそれだ。窓口の取引1件当たりの処理時間を4割減らし、月末に頻発していた振り込みの着金遅延も解消した。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る