• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ゆうちょ銀行、正月三が日もATMを稼働

吉田 洋平=日経コンピュータ 2007/12/03 日経コンピュータ
写真●日本郵政の西川善文 取締役兼代表執行役社長
写真●日本郵政の西川善文 取締役兼代表執行役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 日本郵政グループのゆうちょ銀行は12月3日、2008年の正月三が日は一部のATM(現金自動預け払い機)を稼働させると発表した。この期間にATMを稼働させるのは、旧郵政省、公社時代を通じて今回が初めて。

 2008年正月に稼働させるのは全国約2万6000台のATMのうち、「ホリデーサービス」の名称で日曜・休日も稼働している約1万2000台。加えてセブン銀行のATM約1万2700台でもゆうちょ銀行のキャッシュ・カードが利用できるため、利用可能なATMは合計で約2万4700台となる。

 ゆうちょ銀行のシステムは、「ATMの稼働を停止しなくても保守できる仕組みを採っている。ただ、従来は正月3が日を利用して大幅なシステム変更を施すことが多く、リスクを考慮してATMの稼働を止めていた」(ゆうちょ銀行のIT担当者)。今回は大幅なシステム変更がないことから稼働を決めた。日本郵政の西川善文 取締役兼代表執行役社長は「ATMの保守には万全を期す」と述べた。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る