• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Microsoftが開発ツール新版VS 2008を会員向けにリリース,無償版は誰でもダウンロード可能

Paul Thurrott 2007/11/22 ITpro
図1:Visual Studio 2008 Express Editionのダウンロードページ
図1:Visual Studio 2008 Express Editionのダウンロードページ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは11月19日(米国時間),ソフトウエア開発スイートの新版「Visual Studio 2008」と,アプリケーション・プラットフォームの新版「.NET Framework 3.5」の提供を開始し,2008年前半に予定している「Windows Server 2008」および「SQL Server2008」を含む“2008番台ソフトウエア”のリリースを始動した。現時点でVisual Studio 2008の完全版を入手できるのは開発者向けネットワークMicrosoft Developer Network(MSDN)の会員だけだが,無料の「Express Edition」は誰でもMicrosoftのWebサイトからダウンロードできる(図1)(関連記事:Microsoft,「Visual Studio 2008」「.NET Framework 3.5」が完成,RTM提供を開始)。

 Microsoft副社長のS.“Soma”Somasegar氏は「どのような技術レベルの開発ベンダーや開発者でも,Visual Studio 2008と.NET Framework 3.5を使えば,WebやWindows Vista,the 2007 Office system,Windows Server 2008といった最新のプラットフォーム上でソフトウエアとサービスを容易に構築できるようになる」と述べる。「Visual Studio 2008は250種類以上の新機能を搭載したほか,さまざまな部分の処理性能を高めるなど既存機能も改善した。(エントリ・レベルの)Express Editionsから(大規模開発向けの)Visual Studio Team System(VSTS)まで,あらゆるエディションを大幅に強化した」(Somasegar氏)。

 Visual Studioはこれまで一度も失敗したことのない開発環境だが,「Visual Studio 2005」で無料エディション「Express Edition」を提供すると決めたMicrosoftの判断は見事だった。Express Editionのダウンロード数は1700万回を超え,数え切れないほど多くの開発者の卵がMicrosoftのツールを使うようになった。Visual Studio 2008のExpress Editionは,開発入門者向けサイトBeginner Developer Learning Centerや開発ツールキットCoding4Fun Developer Toolkitだけでなく,マッシュアップ・サービス「Popfly」およびリッチ・インタラクティブ・アプリケーション(RIA)表示用Webブラウザ・プラグイン「Silverlight」という新しい“味方”を得た。

 MicrosoftはVisual Studio 2008に関心を持つ開発者向けとして,Visual Studio 2008 Team Suite,同Team Foundation Server,同Test Load Agentの試用版をWebサイトでダウンロード提供している。無料版であるExpress Edition.NET Framework 3.5もWebサイトから入手できる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る