• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米グーグルがAndroidのSDKや試作機によるデモを公開、iPhoneに似た操作感

菊池 隆裕=日経コンピュータ 2007/11/13 日経コンピュータ
タッチパネルの操作も可能
タッチパネルの操作も可能
[画像のクリックで拡大表示]
通信相手を呼び出しチャットも
通信相手を呼び出しチャットも
[画像のクリックで拡大表示]
GoogleMapも快適に動く
GoogleMapも快適に動く
[画像のクリックで拡大表示]
もちろん通話も可能
もちろん通話も可能
[画像のクリックで拡大表示]
ホームページも3G(第3世代移動体通信)で短時間に
ホームページも3G(第3世代移動体通信)で短時間に
[画像のクリックで拡大表示]
3D表示能力も「パワフル」と紹介
3D表示能力も「パワフル」と紹介
[画像のクリックで拡大表示]
過去の閲覧ホームページも3D表示する
過去の閲覧ホームページも3D表示する
[画像のクリックで拡大表示]

 米グーグルは11月12日(米国時間)、携帯電話機向けのソフトウエア基盤AndroidのSDK(ソフトウエア開発キット)を公開した(専用Webサイト)。Andoridは、11月5日にグーグルが発表した、OSを含むオープンソースのソフトウエア基盤である。発表前には、グーグル自身が携帯電話機「gphone」を開発しているという噂があったが、グーグルは「Andoridにより、たくさんの”gphone”が生まれることを期待している」と語っている。

 SDKは、Windows XPまたはVista、Mac OS X10.4.8以降、Linux向けの3種類がある。Mac OSはIntelプロセサ、Linuxはi386向けのものである。

 Andorid専用ページおよびYouTube(YouTube上に用意したページ)では、Androidを搭載する携帯電話機のデモを見ることができる。通話のダイヤルアウトのほか、チャット、検索、Web、OpenGL ESベースの3次元(3D)表示のゲームなどを見ることができる。試作機はタッチスクリーンを採用しており、ざっと見たところでは米アップルの「iPhone」の操作感に似ている。

 グーグルは、同時に1000万ドルの賞金を用意する懸賞「Android Developer Challenge」を始めることを明らかにしている。ホームページ上でいくつかのアプリケーションを見せたものの、「最高のアプリケーションはここにはない。それを作るのは君たちだ」と呼びかけ、ソフトウエア開発者たちに魅力的なアプリケーションの開発を促している。第一弾となるAndroid Developer Challenge Iの応募期間は1月2日から3月2日まで。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る