• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

日本BS放送,BSデジタル放送の12月1日からの番組編成などを発表

高田 隆=日経ニューメディア 2007/10/17 日経ニューメディア
写真1:番組編成などを発表する日本BS放送の二木啓孝・取締役
写真1:番組編成などを発表する日本BS放送の二木啓孝・取締役
[画像のクリックで拡大表示]
写真2:試作機を使った3D立体映像のデモ
写真2:試作機を使った3D立体映像のデモ
[画像のクリックで拡大表示]

 日本BS放送(本社:東京都千代田区,社長:山科誠氏)は2007年10月17日,12月1日に開始するBSデジタルハイビジョン(HDTV)放送「BS11デジタル」の番組編成や主要番組などを発表した(写真1)。50歳代以上の大人の視聴者をターゲットに,上質のエンターテインメント番組や硬派の報道番組などを,生放送を中心にして提供する。

 また新しい映像技術への挑戦として,3D(3次元)の立体映像を楽しめる情報番組も試験的に放送する。放送開始当初の生放送の比率(1週間の総放送時間に占める生放送時間の比率)は33.7%,ピュアハイビジョン比率(全番組のうちハイビジョン機器で制作した番組の比率)は60.8%になるという。

 3D映像関連の情報番組については1日に2回,15分程度の番組を放送する予定である(写真2)。同番組を視聴するには,対応するテレビ受像機と専用メガネが必要になる。対応テレビの発売が未定であるため当面は,日本BS放送の主要株主であるビックカメラの首都圏の5店舗(有楽町店,新宿店,池袋店,川崎店,藤沢店)に対応テレビの試作機と専用メガネを用意し,来店者に3D映像を視聴してもらう計画である。3D映像に対応していない通常のデジタルテレビで見ると,同じ映像が画面の左右に二つ表示される。

 なお,日本BS放送はこれまでBSデジタル放送で,データ放送を提供していた。2007年9月30日にデータ放送の提供を終了し,スター・チャンネルとワールド・ハイビジョン・チャンネル(WHC)の2社とともに,12月1日からHDTV放送を行う予定である。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る