• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

iRobot,外出先と自宅の家族を結ぶ家庭用ロボット「ConnectR」を発表

ITpro 2007/09/28 ITpro
[画像のクリックで拡大表示]

 米iRobotが米国時間9月27日,外出先から自宅にいる家族とのコミュニケーションを取るための家庭用ロボット「iRobot ConnectR Virtual Visiting Robot」を発表した。音声による会話が行えるほか,ビデオ・カメラで自宅のようすを確認するといった利用ができる。

 ConnectRは無線LAN経由でインターネットに接続し,外部の人との会話に利用できる自走式ロボット。遠隔操作による移動も可能。

 iRobotの家庭用掃除ロボット「Roomba」と似た円盤型の本体に,マイク,スピーカ,ビデオ・カメラなどを搭載する。ビデオ・カメラは4倍ズームと230度チルト(垂直方向の撮影角度変更)対応で,映像を外部に送信する。ヘッドライトも備え,暗い部屋でも撮影できる。バッテリが消耗してくると,自動的に充電台に戻って充電する。ConnectRの操作/音声通話は,付属のConnectRソフトウエア,パソコンのキーボード,マウス,ジョイスティックを使って行える。

 ConnectRによって,時間や場所を問わず家族や友人とコミュニケーションが行えるという。遠隔操作機能を利用すると,離れた場所にいる友人に自宅を紹介するといった利用も可能。

 iRobotは,2007年終わりにConnectRを数量限定でモニター販売し,2008年初めより一般販売する。価格は,モニター販売時が199ドル,一般販売時が500ドル弱から。

 またiRobotは同日,雨どい掃除用ロボット「iRobot Looj Gutter Cleaning Robot」を発表した。同社のWebサイトで米国向け販売を直ちに開始する。小売店での販売は2007年第4四半期に始める。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【極言暴論スペシャル!】

    「撤退」が3割、システム保守運用の仕事

     久しぶりに「極言暴論スペシャル」をお届けする。今回は、ユーザー企業のIT部門から丸投げされていたシステムの保守運用業務からITベンダーが撤退する動きにについて、読者アンケート調査結果について報告する。その結果は、多くのIT部門にとって背筋が凍るようなものとなった。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る