• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ODNユーザーの個人情報が流出、Winny経由で551件

勝村 幸博=日経パソコン 2007/09/21 日経パソコン

 ソフトバンクテレコムは2007年9月21日、同社のインターネット接続サービス「ODN」の顧客情報551件が、ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」を通じて流出したことを明らかにした。

 流出したのは、2003年までにODNのサービスを契約したユーザーの個人情報551件。内訳は(1)氏名だけが411件、(2)氏名に加えて、ユーザーIDまたはメールアドレスが79件、(3)氏名に加えて、電話番号または住所またはクレジットカード会員番号のいずれかが61件(流出したクレジットカード会員番号の件数は10件)。

 ユーザーの個人情報を含む業務ファイルを流出させたのは、同社の業務に2004年1月まで従事していた業務委託先の元社員。この元社員は、業務ファイルを無断で持ち出して、自宅のパソコンに保存。そのパソコンからWinnyネットワークに流出し、他のWinnyユーザーが入手可能な状態になった。

 同社では、2007年9月18日に業務ファイルの流出を確認。その後の調査により、流出した個人情報の内容や件数を確認したという。同社によると、現時点では流出した情報の不正使用を確認していないという。

 個人情報が流出したユーザーへは、同社がおわびと事情説明を行うという。また、ユーザーからの問い合わせ窓口を開設。電話番号は、0800-222-0063(受付時間は9時から18時。毎日受け付ける)。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る